海外での工場立ち上げにも向いている。独自にカスタマイズできるタブレットの有用性

海外での工場立ち上げにも向いている。独自にカスタマイズできるタブレットの有用性/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
  • TOP>
  • 記事一覧>
  • 海外での工場立ち上げにも向いている。独自にカスタマイズできるタブレットの有用性
海外での工場立ち上げにも向いている。独自にカスタマイズできるタブレットの有用性

人件費の安い海外は、少しでもコストを削減したい中小規模の工場にとって魅力的といえます。
実際に海外で工場を立ち上げるとなったら、ぜひ有効活用したいのがタブレットです。
独自カスタマイズも可能なタブレットの有用性について解説しましょう。

写真

■海外工場立ち上げにはタブレット

海外への進出を希望している中堅・中小製造業にとって「国内と同レベルの生産管理システムを導入できるのか?」というのは気になるところです。 海外で必要な伝票なども用意しなければいけませんし「立ち上げまでにどれだけコストがかかるのだろうか?」と、ためらっている企業も少なくないかもしれません。

そこでおすすめしたいのがタブレットです。現在、タブレットで利用できる海外対応生産管理システムは数多くリリースされているので、そういったものを利用してみるのも良いでしょう。受注・出荷、生産計画、所要量計算、進捗チェック、負荷調整、発注・受け入れや在庫に関する情報管理などすべてできるので大変便利です。


■海外工場でタブレットを利用するメリット

タブレットを用いての生産管理は、独自カスタマイズできるのが最大の魅力ともいえます。
どの国を拠点にしたとしても、現地のビジネスシーンに最適化することができるのです。

【多言語に対応】
多言語対応のアプリを使用すれば、帳票のタイトルを現地の言葉になおすのも容易です。
各国の伝票テンプレートなどもそろっているので、慣れない異国での請求関係もスムーズに行うことができるでしょう。

【直感的な操作が可能】
タブレットならば、アイコンを用いて直感的・感覚的に操作できるように独自カスタマイズすることもできます。
現地の人で資料閲覧や各種報告をスムーズに行えるようにすれば、生産性向上につながるでしょう。

【日本での管理が容易】
タブレットからクラウド上にデータを送信すれば、リアルタイムで、日本でチェックすることも可能です。
地理的な距離にさえぎられることなく、日本からの管理をスムーズに行うこともできます。

【紛失に強い】 タブレットはリーズナブルなため、スタッフ1人に1台ずつ配布することも難しくありません。
しかし、どこにでも持ち運べる反面、紛失のリスクもありました。
しかし、モバイル端末管理システムを利用すれば、日本にいても端末1台ずつの状態を把握することもできます。
紛失や破損に強いタブレットといえるでしょう。

【導入が簡単】
タブレットならば現地への搬入も簡単です。パソコンを送るのと比較して大幅にコストカットすることができるでしょう。
また、タブレットは操作方法がシンプルなため、短時間で費用をかけずにスタッフが使えるようになるのも特徴のひとつです。
導入後も現地スタッフの成熟度や事業拡大に合わせて、さらに独自のカスタマイズを加えることもできます。



* * * * *
【まとめ】
海外進出の一番の目標がコスト削減ならば、莫大な投資をして外国に工場を作るというのは本末転倒でしょう。
タブレットは海外での工場立ち上げをよりリーズナブルにしてくれる心強い味方です。 導入後もコストをかけずに独自のカスタマイズが可能なため、末永くお得なツールともいえるでしょう。ぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP

HOMEに戻る