工場にタブレットを導入するときの注意点

工場にタブレットを導入するときの注意点/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
  • TOP>
  • 記事一覧>
  • 工場にタブレットを導入するときの注意点
工場にタブレットを導入するときの注意点

タブレットは製造現場でも非常に役立つツールです。
しかし、導入にあたってはいくつか注意しなければいけない点があります。
タブレットの工場における活用例とメリット、注意点などについて解説します。

写真

■タブレットの工場での活用事例

最近、タブレットを導入する工場が増えています。活用事例を見てみましょう。

【マニュアルの閲覧】
工場にはさまざまなマニュアルがあります。
ライン、グループごとの分厚い資料を、すべてを現場に持ち込むのは無理ですし、持ち込み不可の現場もあるでしょう。
しかし、タブレットでクラウドに接続すれば工場全体のマニュアルを1台で閲覧することも可能。 テキスト、写真、図だけではなく動画での説明を盛り込むことができるので、よりわかりやすいマニュアルを作ることができます。

【スムーズな仕様書変更】
工場では仕様書にマイナーチェンジが加えられることもしばしばあります。 そのたびごとに多量の訂正資料をコピーして配布するのは、時間もコストもかかることでした。 かといって、メールだけの情報配信ではスタッフが見逃す可能性もあります。
そんな時もタブレットを使用すれば、スムーズに情報共有することが可能です。 変更があった時にはスタッフにプッシュ通知で知らせることもできます。 さらに、管理者が閲覧履歴を把握することで伝達漏れを防止できるでしょう。

【クリーンルームでも活躍】
精密機器工場のクリーンルームに持ち込めるものには制限があります。
しかし、ノートパソコンのようにキーボードの間に埃がたまるような心配もないタブレットならば安心して使うことができます。 まさにクリーンな端末といえるでしょう。


■タブレットを工場で使う際の注意点

製造現場で非常に役立つタブレットですが、導入にあたってはいくつか注意しなければいけないポイントがあります。

【オフラインでも使えるようにする】
工場ではWi-Fi環境が整っていないエリアもあります。 クラウドを通じて資料にあたるだけではなく、一部資料はダウンロード許可を与えてオフラインでも参照できるようにしておくことをおすすめします。

【防水・防塵対策をする】
タブレットは紙資料ほど水濡れ、汚れ、摩耗などに弱くはないとはいえ、過酷な環境下で長時間使用していると不具合が起きないとも限りません。 防水・防塵仕様のタブレットを採用するか、専用カバーを使うなどして対策を講じるようにしましょう。

【セキュリティ対策を万全に】
タブレットはどこにでも持ち運べるのが大きなメリットです。
しかし、逆にいうといつどこで情報が漏れないとも限らないリスクを負っているともいえます。
製造工程に関わる資料は機密書類多いはずです。よりセキュリティ対策を万全にしなければいけません。
タブレットによる外部アプリ参照を制限するのはもちろんのこと、スタッフごとにアクセスできるコンテンツに制限を設けたり、資料ごとに閲覧有効期限を設定したりするなど、セキュリティに対するきめ細やかな配慮が必要です。



* * * * *
【まとめ】
タブレットはあらゆる工場で役立つツールといっても過言ではありません。
そのメリットを最大限にいかすにはより強固なセキュリティ対策などが必要ですが、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP

HOMEに戻る