POSレジアプリを使って飲食店の会計作業を楽に!

POSレジアプリを使って飲食店の会計作業を楽に!/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
POSレジアプリを使って飲食店の会計作業を楽に!

スーパー、コンビニはもちろん、中小規模の飲食店でもPOSレジの導入が進んでいます。
POSレジアプリとタブレットを使用すれば、個人商店でも使いこなすのは難しくないでしょう。
タブレットを使ったPOSのレジによる売上げ管理のメリットを紹介します。

写真

■POSレジとは

POSレジのPOSとはPoint of salesの頭文字を取ったものですが、日本語では販売時点情報管理と訳します。
お客様から金銭を受け取るのと同時に、販売情報をWi-Fiなどのネットワークを通じて管理者に送信できるシステムを搭載したレジのことです。 随時蓄積される販売情報を分析することで、売上げ改善や戦略変更に役立てることができるようになっています。

昔ながらのレジスターでも、おつりの計算や販売商品をレジスターそのものに記録することはできました。
一方、POSレジはさらに、何がいくらで売れたのかというデータがクラウド上に保存されていきます。

POSレジでは商品のバーコードで値段を読み取っていくので、レジスターのようにご入力の心配もありません。
また、1日の総売上げも自動計算され、購入された商品の種類、現金払い・クレジット払いの比率、品物の在庫などのデータをすぐに確認することもでき、大変便利です。


■タブレットでPOSレジを始めるメリット

POSレジを始めるならば、POSレジアプリとタブレットを活用することをおすすめします。
タブレットを利用するメリットについて紹介しましょう。

【リーズナブルに導入できる】
POSレジ専用端末は個人商店が手を出すのは考えてしまうお値段でした。
しかし、POSレジアプリとタブレットを利用すれば、非常にリーズナブルにスタートすることができます。
すでに手元にあるタブレットをPOSレジとして使うことができるというわけです。

【場所をとらない】
場所をとらないタブレットならば、専用のレジ台を設置する必要もありません。
空間を有効活用したい、限られたスペースで営業をしている飲食店にもおすすめです。

【カメラで情報を視認】
テイクアウトのパンなどを販売している飲食店では、カメラで商品を視認するだけで種類と料金が判別できるPOSレジアプリが便利でしょう。 カメラ機能がついているタブレットだからこそ実現した最新型のPOSレジです。

【消費税にも柔軟に対応】
従来のPOSレジ専用端末は固定税率に設定されていて、増税等にすぐに対応できませんでした。
しかし、タブレットで使用する増税アプリならば、消費税が上がってもただちに対処できるようになっています。
その際に費用もほとんどかからず、コストパフォーマンスに優れているといえるでしょう。

【スマホとの連動もあり】
タブレットを用いたPOSレジアプリの世界は日進月歩です。
現在は現金またはカードでの支払いになっていますが、将来的にはお客様のスマホと連動した決済システムが登場するといわれています。 そうなれば支払いはより便利になるでしょう。 飲食店だけではなくお客様にとってもメリットが大きい、タブレットスタイルのPOSレジなのです。


* * * * *
【まとめ】
タブレットによるPOSレジは、これまで以上に販売情報管理をスムーズにするのはもちろんのこと、会計や決済をより簡単なものにするのは間違いありません。ぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP

HOMEに戻る