学習の進捗具合はタブレットで管理

学習の進捗具合はタブレットで管理/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
学習の進捗具合はタブレットで管理

タブレットを導入する塾が増えています。
タブレットを用いれば子供の学習進捗をチェックすることも可能なため、より効果的な学びの場を作ることもできるでしょう。
進捗チェックの他、タブレット活用によるさまざまなメリットを紹介します。

写真

■意外に大事な進捗チェック

塾で子供の学力を伸ばすには、画期的な指導法が必要なのではないかと考えている人も多いかもしれません。
しかし、とくに受験に必要とされる知識などはある程度決まっているものです。
大切なのはそれらを正しく理解しているかどうかといっても過言ではありません。

つまり、塾での指導で大切なのは、生徒の理解度をいかに正確に把握しているかということになります。
しかし、家庭教師のように1対1の指導と違って、ひとりの教師が何人かの生徒を指導する形式の塾では、どうしても進捗状況をチェックしにくい生徒もいます。

そんな時に活用したいのがタブレットです。
タブレットで使えるさまざまな学習塾管理システムを使えば、どの生徒も平等に進捗状況を確認できます。
たとえば、クラス替えなどがあり新しく受け持つことになった生徒に対しても、それまでの学習状況を速やかに把握して正しくやる気を引き出すこともできるのです。

生徒の学習の進捗状況をチェックすると、いろいろなことが見えてきます。
ひとりでコツコツと勉強を進められる子がいる一方で、どうしても学習態度にムラがある子もいるものです。
そういったタイプの生徒に対しては一緒に学習計画を立てるなどしてモチベーションをアップさせることも大事です。
まずはタブレットで進捗状況を知ることがすべてのスタートなのです。


■タブレットを利用するメリット

以上のようにタブレットを使えば生徒の学習の進捗状況を知ることも難しくありません。
その他、タブレットでの学習管理には数多くのメリットがあります。どのようなものがあるのか見てみましょう。

【保護者へのサービスを充実】
タブレットによる学習管理システムを使えば、たとえば、生徒が塾に来た時・出る時に、保護者に自動的にメールを配信することもできます。 保護者は安心して子供を塾に通わせることができますし、保護者の問い合わせに対応するスタッフを減らせるなど人件費削減にも効果的です。

【先生の事務作業を軽減】
塾の先生の仕事は生徒に勉強を教えるだけではなく、さまざまな書類を作成しなければいけないという面倒な事務作業もあります。 たとえば、指導報告書の作成もそのひとつです。
しかし、タブレットによる学習管理システムがあれば、学習記録から自動的に指導報告書を作成できます。 タブレットをタップしながらいくつかのテンプレートを選択するだけで完成するため、事務作業にばかり追われることなく、指導に力を注ぐことができるでしょう。



* * * * *
【まとめ】
いかがでしたでしょうか。
タブレットを活用して生徒の進捗状況をいつでもどの先生でも閲覧できるようにしておけば、塾全体の指導力をアップさせることもできます。 生徒の入退室も一目瞭然というのは保護者にとっても安心ですし、先生にとっては出欠をとる手間を省けるというメリットもあります。
ぜひ塾での指導にタブレットによる学習管理システムを活用してみませんか?

PAGE TOP

HOMEに戻る