タブレットで注文状況をデータ管理すれば食品ロス防止に繋がる!

タブレットで注文状況をデータ管理すれば食品ロス防止に繋がる!/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
タブレットで注文状況をデータ管理すれば食品ロス防止に繋がる!

食品ロスをいかに防止するかは効率の良い飲食店経営には欠かせません。
そこでおすすめしたいのがタブレットによる注文状況のデータ管理です。
そもそも食品ロスとは何かというところから説明しましょう。

写真

■食品ロスをタブレットで防止できる?

食品ロスとは、まだ食べられる食品が廃棄されてしまうことです。
外食産業でも食品ロスがしばしば問題になりますが、顧客の食べ残しと同じぐらい仕込みすぎが原因になっているのはご存じでしたでしょうか?

つまり、飲食店で食品ロスを発生させないためには、仕入れの時から注意を払わなければいけないのです。 人気のメニューはどれで、どのぐらいのオーダーが見込めるのかよく考えなければいけません。 飲食店のオーナーならば、人気のメニューがどれか勘でなんとなく把握している人も多いでしょう。
しかし、季節による変動もありますし、勘にだけ頼っていると痛い目を見ることも多々あります。

食品ロスを発生させないように仕込むには、まず、注文状況を正しく把握するのが近道です。 日毎の集計だけではなく、季節ごとの変動なども一目でわかるようにデータ管理できれば理想的でしょう。
そこでおすすめしたいのがタブレットの活用です。タブレット用の注文アプリを使用してみてはいかがでしょうか?

注文アプリをレジアプリと連動させれば、売上情報をリアルタイムで把握できるのはもちろん、長期的に何がヒットしているのか分析することも可能です。無駄のない仕入れに活用してみませんか?

■タブレットで注文状況をデータ管理するメリット

タブレットで注文状況をデータ管理すれば、食品ロスを防止できる以外にもさまざまなメリットがあります。
どのようなメリットがあるのか見てみましょう。

【キッチンへすばやく伝達】
タブレットを持ったスタッフがテーブルで注文を入力すると、同時にキッチンのタブレットにオーダーが届くようになっています。 スタッフ同士の伝達ミスによる注文間違いを防ぎ、メニューの作り間違いがないようにすることでも食品ロスを防止しているといえるでしょう。

【オーダーミスを防げる】
タブレット用の注文アプリでは、数量限定メニューなどを事前に登録しておくことができます。
残数0となったところで全タブレットからのオーダーを自動的にストップし、オーダーミスを事前に防ぎます。

【テーブルごとの管理ができる】
テーブルごとにどんなメニューが注文されたかはもちろんのこと、どのテーブルが配膳・未配膳なのかを一目瞭然に把握できます。 どこが未配膳になっているのかわかりやすく表示し、混雑時でも配膳漏れがないようにできるでしょう。

【低コストで実現可能】
タブレットによる注文管理は高価な専用端末を購入する必要はありません。
小規模店舗ならば現在プライベートで使っているタブレットでとりあえず始めてみるというのも十分可能です。
ランニングコストがかからないのもうれしいポイントといえるのではないでしょうか。



* * * * *
【まとめ】
いかがでしたでしょうか。
飲食店でタブレットを利用して注文状況をデータ管理することは、食品ロス防止だけではなくさまざまなメリットがあります。
無駄のない経営をしたいと考えている飲食店ならば、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか?







>>そのほか、ビジネスでのタブレット活用方法 おすすめ記事(飲食店) 

タブレットでミスを防ぐ!導入でオーダー間違いをなくせる
タブレットの導入でお店の回転率アップを狙える!?
タブレット専用クレードルで活用の幅が広がる!
タブレットの分析機能で店舗改善につなげる
セルフ型飲食店で効果を発揮するタブレット

PAGE TOP

HOMEに戻る