タブレットで商品をデータ管理すれば在庫確認が簡単!

タブレットで商品をデータ管理すれば在庫確認が簡単!/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
  • TOP>
  • 記事一覧>
  • タブレットで商品をデータ管理すれば在庫確認が簡単!
タブレットで商品をデータ管理すれば在庫確認が簡単!

工場では在庫管理をいかに効率良く行うかというのは重要な問題です。
在庫管理システムの導入を検討しても、中小規模の工場では「ただのコスト増加に終わらないか?」という不安も残ります。 そこでおすすめしたいのがタブレットを活用した在庫管理です。気になるメリットなどについて解説します。

写真

■タブレットによる在庫管理とは

タブレットでの在庫管理は専用アプリをダウンロードして行います。 これまでエクセルで在庫管理をしていた工場も多いかもしれませんが、どのような違いがあるのでしょうか。

【エクセルによる在庫管理のデメリット】
エクセルの在庫管理では、在庫状況に関する入力作業がまずあります。
このスタート時点でミスが発生しやすく、在庫数が合わなくなるなどの問題が発生しがちでした。 修正作業が必要になるなど、必ずしも効率的な在庫管理ができないのがエクセルの欠点といえるでしょう。

【従来の在庫管理システムは高額】
エクセルにデメリットがあるとしても、それならば本格的な在庫管理システムを導入するかというと、それも中小規模の工場にとっては大きな負担です。 莫大なコストがかかるにもかかわらず、それに見合ったリターンがある補償はなく、導入を見合わせていた工場経営者も多いのではないでしょうか。

【タブレットならばリーズナブル!】
そこでおすすめなのがタブレットによる在庫管理です。
タブレットと在庫管理アプリさえあればすぐにでも導入が可能です。
最近はタブレットの低価格化も進んでいますし、在庫管理アプリのなかには無料のものさえあります。 本格的な在庫管理システムと比較して驚くほどリーズナブルに始めることができるのです。

■タブレットによる在庫管理のメリット

タブレットによる在庫管理にはさまざまなメリットがあります。どのようなものがあるのか見てみましょう。

【操作が簡単】
タブレットならばカメラでバーコードを読み込むだけで商品登録ができます。
エクセルのように入力作業がないためミスを未然に防げるのです。 また、スマホ感覚で操作できるタブレットなため、特別な指導をしなくても誰でもすぐに使いこなせるのもメリットといえるでしょう。

【どこでも使える】
タブレットはどこでも持ち運べるため、責任者が外出先から在庫を確認して適切な指示を出すこともできるでしょう。 パソコンのようにテーブルも必要ないためスペースを有効活用することもできます。

【機能が多彩】
タブレットのための在庫管理アプリには、在庫管理の他にさまざまな生産管理機能がプラスされているものもあります。 在庫管理から生産管理まですべてタブレットで一元化したいという希望も叶えてくれるのです。 一方、在庫管理だけに特化したアプリももちろんあるため、それぞれの状況に応じて最適のものを選択してみてはいかがでしょうか。



* * * * *
【まとめ】
いかがでしたでしょうか。タブレットで在庫管理を実施すれば、これまでのようにエクセルによる入力ミスで二度手間を強いられるようなこともありません。 時間とコストを節約することにつながるのではないでしょうか。リーズナブルに導入できるため、中小規模の工場にもぜひおすすめしたいタブレットによる在庫管理なのです。

PAGE TOP

HOMEに戻る