企業におけるタブレットの導入事例とその効果

企業におけるタブレットの導入事例とその効果/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
  • TOP>
  • 記事一覧>
  • 企業におけるタブレットの導入事例とその効果
企業におけるタブレットの導入事例とその効果

さまざまな企業でのタブレット導入事例が増えています。
たとえば、工場でもタブレットを取り入れる現場が増加傾向にありますが、具体的にはどのように使用されているのでしょうか。 また、気になる効果についても調査してみました。

写真

■工場でのタブレット導入事例

工場ではさまざまな工程でタブレットが役立ちます。その導入事例とメリットをみてみましょう。

【製造マニュアルをいつでも閲覧可能】
タブレットならばどんな分厚い製造マニュアルでも1台にダウンロードしておくことができます。 防水、防塵対応のタブレットを使えば、工場の中に置いておいても紙資料のように摩耗することもありません。 検索で必要な情報を素早くいつでも参照することができるでしょう。

【複数のラインで情報を共有】
いくつもの製造ラインがある工場では、それぞれが情報を共有していることは非常に重要です。 タブレットを使用すれば、何か変更があった時にも一斉に情報を発信することができます。 管理者が閲覧状況を確認できるようにしておけば、伝達ミスを防止することもできるでしょう。

【カメラ機能を駆使】
タブレットにはカメラもついているので、必要に応じて写真を撮影し、スタッフで共有することも可能です。 言葉ではなかなか伝達しにくいことも、写真ならば一目瞭然ですぐに伝わることもあります。 現場で何か問題が起きそうな時にも早期発見、早期解決につなげることができるでしょう。

【セキュリティ対策も万全】
工場での製造工程の中に、企業の機密事項が含まれていることもあります。 タブレットならばセキュリティ対策を講じることもできるので、紙資料以上に情報漏洩を防ぐことが可能です。 一定期間後にデータが自動削除される機能などもあります。

■工場でタブレットを導入する際の注意点

工場でタブレットを導入する際には、次のようなアクセサリーを併用することをおすすめします。

【防水ケース】
内蔵カメラレンズ、画面などを水濡れから守ります。 カバーは日よけにもなるので、直射日光の下での作業でも画面をクリアに見ることができるでしょう。

【ショルダーベルト】
タブレットはどこにでも持ち運べて便利な反面、うっかりどこかに置き忘れるリスクもあります。 ショルダーベルトやハンドベルトで体に装着しておけば、両手を使うこともできて大変便利です。

【スタイラスペン】
工場での作業中にフリック入力をするというのは手間がかかります。 必要項目はスタイラスペンでチェックすれば入力完了となるようなアプリを使用することをおすすめします。

【タブレット用キーボード】
業務日誌など長文を入力しなければいけない時には、やはりタッチパネルよりもキーボードが便利です。 Bluetooth対応のワイアレスキーボードなどを併用してみてはいかがでしょうか。

【ウェアラブル端末】
腕時計型などのウェアラブル端末は、タブレットと情報を共有し、補完する機能があります。 スタッフの健康状態をモニタリングすることもできるなど、今後ますますの利用が期待されています。



* * * * *
【まとめ】
工場でタブレットを使用する際には、いくつか注意しなければいけない点もあります。
しかし、製造の現場で非常に役立つツールであることも確かです。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP

HOMEに戻る