タブレットの活用で、よりわかりやすい服薬指導に

タブレットの活用で、よりわかりやすい服薬指導に/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
  • TOP>
  • 記事一覧>
  • タブレットの活用で、よりわかりやすい服薬指導に
タブレットの活用で、よりわかりやすい服薬指導に

服薬指導は薬剤師の重要な仕事のひとつです。
しかし、患者とのコミュニケーションが上手くいかないと、正しい服薬指導ができないといった難しさもあります。 そこで活用したいのがタブレットです。
タブレットによる服薬指導の事例を紹介しましょう。

写真

■服薬指導が薬剤師のストレスになる?

薬剤師が服薬指導を行うのは大きく分けてふたつの目的があります。
低価格化が進んだこともあり、その販売価格は医療機関向けPDA端末の3分の1以下になったともいわれています。

さらに、最近ではタブレット向けのソフトウェアも次々を開発されています。
ひとつは、服薬の危険性を最小限にするために医薬品の「安全の確保」をするため。
もうひとつは、効果を最大限に引き出すための「有効性の確保」になります。

いずれにせよ、患者に対して正しい薬物治療を理解してもらわなければいけないわけですが、前提として患者の詳しい情報がなければいけません。
病名だけではなく、体質、性格、薬歴、生活習慣なども把握しておきたいところです。

しかし、患者との限られた時間でのコミュニケーションで、これらをすべて正しく把握するのは、十分なキャリアのある薬剤師でも難しいといわれています。 病院の診察ならばいざしらず、調剤薬局にまで個人的なことを喋りたくないという患者に苦労している薬剤師も少なくないのです。
そんな薬剤師のストレスを解消するために、タブレットを活用してみてはいかがでしょうか。


■タブレットで服薬指導をするメリット
タブレットによる薬剤指導には数多くのメリットがあります。

【患者とのコミュニケーションが円滑になる】
患者情報を聞く際に、タブレットがあることで興味を持ってくれる人も少なくありません。
体質、生活習慣などはスタイラスペンでチェックできるようにしておけば、よりスムーズに記入してもらうこともできるでしょう。

【電子お薬手帳を作成できる】
患者情報や薬歴などが記されているお薬手帳は、服薬指導を効率化してくれる便利なアイテムです。
しかし、これまでの紙のお薬手帳は患者が持ってきてくれないと参照できないなど、必ずしも有効活用されないケースも少なくありませんでした。
しかし、タブレットならば電子お薬手帳を作成することができます。電子お薬手帳ならば患者自身のスマホでも参照することも可能です。 紙のお薬手帳のように、なくすたびに作り直しといった無駄も省くことができます。

【スムーズに薬歴を記入できる】
薬剤師の数に対して十分なパソコンがない薬局などでは、薬歴の記入待ちが発生してしまうこともしばしばです。 しかし、タブレットはパソコンと比較してもリーズナブルで場所も取らないので、薬剤師一人につき一台を支給することもできるでしょう。

【服薬指導を徹底できる】 薬局でタブレットによる服薬指導を行ったものと同じ内容を、患者は家庭のタブレットで復習することもできます。 アラーム機能がついているアプリを使えば、患者に服薬のタイミングを自動的に知らせることも可能です。


* * * * *
【まとめ】
いかがでしたでしょうか。 タブレットを使って服薬指導を行えば、患者とのコミュニケーションも円滑になり、薬剤師のストレスも大きく軽減できるのではないでしょうか。 患者自身の薬への積極的なかかわりを促すこともできるなど、タブレットによる服薬指導には数多くのメリットがあります。
ぜひ導入を検討してみてください。

PAGE TOP

HOMEに戻る