タブレットを最大限活用するために留意すべきポイント

タブレットを最大限活用するために留意すべきポイント/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
  • TOP>
  • 記事一覧>
  • タブレットを最大限活用するために留意すべきポイント
タブレットを最大限活用するために留意すべきポイント

スマホやパソコンにはない便利さのあるタブレットは、1度使い始めると手放せなくなるアイテムです。
もちろんビジネスシーンでも大活躍すること間違いなし。
タブレットをビジネスで最大限に活用するポイントを紹介します。



■どんなシーンで使える?
年々進化を続けるタブレットは、最近ではパソコンに劣らないスペックを持つものまで登場しています。
登場した当時のままの「タブレットは趣味で動画を見るのに便利」程度の認識でいては、ビジネスシーンで大変な損をすることにもなりかねません。 今やタブレットはあらゆるビジネスシーンで活用できる万能マシンといっても過言ではない存在なのです。

たとえば、タブレットはメモや資料を残すのにも最適のアイテムです。
自分のデスクを見回してみて、紙の資料が散乱していませんか?
また、せっかく素晴らしいアイディアを思いついてノートに書きつけたのに、どこに記したのか忘れてしまったという経験をしたことはありませんか?
しかし、タブレットのメモアプリに記入すれば、大事なメモはホーム画面に貼り付けておくこともできるため、
重要事項をうっかり忘れるという心配もありません。資料を写真に撮影してPDF化して管理するアプリなどもあるため、 紙の劣化に悩むこともないでしょう。

もちろん、タブレットはリマインダーとしても大変便利です。
どんなタブレットでもカレンダー機能は必ず搭載されているため、重要なイベントや会議などを通知設定にしておきましょう。

また、パソコンのサブデバイスとして利用するというのも一つの方法です。
1台のパソコンではタスクを立ち上げるのにも限界があります。
インターネットとPDFの資料を見ながら文章を作成するといった作業をしていると、どうしてもパソコンの画面が一杯になってしまいます。
そんなとき、たとえばインターネットはタブレットで閲覧するようにすれば、スッキリと作業に集中することもできるでしょう。

小規模のミーティングをペーパーレス化するのにもタブレットは役立ちます。
たとえば、2~3人の会議ならば、わざわざ資料をコピーしなくても1台のタブレットを回すことで資料を十分に参照することも可能です。
ただし、大人数の会議となると複数のタブレットを用意する、もしくはプロジェクターで投影するなどの工夫が必要になる点には注意してください。



■最大限活用するためのポイント!
ビジネスシーンでタブレットを最大限に活用するためには、まず的確なアプリを準備することがかかせません。
最近では次々と新しいアプリがリリースされているため「こんなことがしてみたい」という作業内容から調べてみるのもいいでしょう。

また、多少古いタブレットが格安で入手できることもありますが、できればなるべく新しいものを購入することをおすすめします。
OSが古いと対応していないアプリも結構あり、ストレスなく作業を進めることが難しいからです。

また、会社全体の利益を考えると、できるだけたくさんの社員がタブレットを使いこなすことが望ましいといえます。 Wi-Fi経由で資料をやりとりすることができるようになれば、作業効率はさらにアップしモチベーションを向上させることもできるかもしれません。

* * * * *
【まとめ】
いかがでしたでしょうか。以上のようにタブレットはビジネスシーンで大いに役立ちます。
工夫次第でさらに多種多様な使い方をすることもできるでしょう。

いずれにせよ、個々人の作業速度をアップさせるだけではなく、コミュニケーションツールとしても非常に役立ちます。
もし、ビジネスチャンスをゲットしたいと考えるならば、できるだけ早目に導入することをおすすめします。
これまでの仕事のやり方を見直すきっかけにするためにも、ぜひ一度タブレットを手に取ってみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP

HOMEに戻る