タブレットの使用で商品管理を簡単に!

タブレットの使用で商品管理を簡単に!/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
  • TOP>
  • 記事一覧>
  • タブレットの使用で商品管理を簡単に!
タブレットの使用で商品管理を簡単に!

商品や部品などを取り扱っている会社では、棚卸が必ず行われます。商品の数や在庫の数が合っているかを、
紙の在庫表を片手に在庫の数を数え、それを再度パソコンに打ち込むという棚卸が一般的でした。
しかし、タブレットを導入することで、より手軽に・正確に行えます。
最近では、タブレットを使った商品管理・在庫管理を行っている企業が増えているため、
それに応じたアプリケーションの開発も進んでいるため、より簡単に棚卸を行うことができます。

日々の商品管理も簡単に出来る、タブレットを使った商品管理方法についてご紹介します。



■タブレットによる商品管理
タブレットによる商品管理は、二度手間を減らすことができます。
タブレットを使った商品管理の方法について例をあげてご紹介します。

タブレットを使った棚卸
通常棚卸は、在庫の数を数えてパソコンに入力している場合が多いですよね。
バーコードやQRコードを導入している企業でも、パソコンの前に在庫を運び、パソコンに接続したスキャナを使って読み取る必要があります。
バーコードなどがない企業では印刷した在庫表をもとに在庫をチェックした後にパソコンに入力する必要がありました。
タブレットを導入すると、タブレットにバーコードスキャンを接続することができるので、
倉庫内でスキャンするだけで在庫管理を行うことができます。また、バーコードがない企業であっても、
タブレットで管理表を表示させ、そこに直接入力することで手間を減らすことができます。

タブレットを使った出荷業務
一般的な出荷業務では、受注伝票を印刷し、印刷したリストをもとにピッキングを行い、出荷したことをパソコンに入力するという、 工程を踏む必要がありました。しかし、タブレットを導入することで、受注伝票を直接タブレットで表示させることができます。
アプリケーションを導入していれば、そこにタッチするだけでチェックを入れることができ、ピッキング作業もスムーズに進みます。 そのデータが出荷データとして使用できるので、いままでの手間をはぶくことができ、プリントアウトのコスト削減や、時間短縮などに有効です。

タブレットを使った入荷業務
入荷業務も、入荷伝票と在庫確認を行ったあとにパソコンに入力するという作業が一般的でした。
入荷伝票にバーコードをつけて置けば、タブレットに接続したバーコードスキャンを使うことで、リアルタイムの入荷が可能になります。 バーコードを導入していない場合でも、タブレットに直接数量を入力することができます。
タブレットは手軽に持ち運びをすることができるので、場所を選ばずに入力作業を行えます。
狭く、物が多く積んである倉庫や、暗い室内でも画面をはっきり見ることができます。
紙を使った管理法では、入力漏れや次の日の入力になるなどタイムラグもあります。
それによって、商品が届いているのに出荷できないという問題なども生じる可能性がありました。
そのような問題もタブレットを導入することで、リアルタイムの管理を行うことができるため、より良いサービスを提供することが可能です。






* * * * *
【まとめ】
タブレットを使った商品管理・在庫管理についてご紹介しました。
タブレットは場所を選ばないため、在庫管理は倉庫内で、入荷は入荷現場で行うことができます。
直接データとして読み込むことで、あとから別の人が入力する手間や、タイムラグ、入力間違えのミスも減らすことができます。

また、タブレットを導入することで、より正確な商品管理・在庫管理が可能になるため、在庫不足などの問題を解消し、業務をスムーズに行える環境を作ることができます。バーコードを導入している企業には、特にタブレット導入がおすすめです。
現在、多くの企業が商品管理にタブレットを導入しているため、タブレットを使った商品管理のアプリケーションも多く販売されています。 そういったアプリケーションを導入することで、より生産効率の拡大を狙うこともできるのです。

PAGE TOP

HOMEに戻る