クレードルを使用するメリットとは?

クレードルを使用するメリットとは?/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
クレードルを使用するメリットとは?

出張から戻ったあとや、自席で作業するとき、タブレットを机などにそのまま置いていませんか?
机にそのまま置くと、他の作業をするときに邪魔になってしまったり、画面に傷がついてしまったりすることがあります。
しかし、邪魔だからといって壁や周りのものに立てかけておくと、滑って倒れてしまう恐れや、
最悪な場合は落として故障させてしまうこともあります。

クレードルは、タブレットの落下防止になるだけでなく、タブレットの充電やパソコンと接続できるものも多いため、 机にポンと置いておくよりもタブレットを便利に使うことができます。



■クレードルのメリット
クレードルを使用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは6つのメリットを紹介します。

机の上が整理できる
クレードルを使うことで、タブレットを立てて置くことができます。寝かせるよりも省スペースになり、机の上が整理できます。 また、クレードルから充電することもできるので、充電用のケーブルが机の上でごちゃごちゃとしてしまうこともありません。
他にも、机の上で作業するときは、いろいろな資料を広げることも多いため、タブレットは立てかけることで、資料と見比べることも容易になります。どこに置いたかわからなくなってしまうこともありませんし、定位置としていつも同じ場所に置くことで、紛失の防止にもつながります。

クレードルにタブレットを置いて私物化の防止
「帰宅時はタブレットをクレードルに置いて帰る」などのルールを決めることで、タブレットを私物化していないかのチェックがしやすくなります。
帰宅後はタブレットが必要ないのに持ち出されている場合は、私物化している可能性がある、といった判断ができます。

周辺機器を有効活用できる
クレードルにはUSBポートがついているものもあります。
その場合、たとえばUSBハブをつなぐことでさらにポートが増え、有線マウスやUSBメモリー、プリンターなどを接続することも可能です。
また、企業ですと有線LANを使用しているところも多いかと思います。
その場合も、USB有線LANアダプターを接続することで使用可能です。
1台のタブレットで、周辺機器をより有効に活用できるのでとても便利ですね。

フォトスタンドや時計の代わりになる
クレードルにタブレットを置いて、表示する画面を時計表示にしたり、カレンダーにもなり、実用的ですね。
写真を表示したりするだけで、タブレットが小物の代わりになります。
机の周りに置き時計や写真立てを置いている人も多いですが、タブレットとクレードルを使うとそのような小物と同じような 役割を持たせることができます。机の上をスッキリさせられることも嬉しい効果ですね。

パソコンの画面の補助として使える
パソコンで作業している時に、「画面がもう1台あればいいのに」と思うことがあります。
そんなときは、パソコンの画面の隣にクレードルに置いたタブレットを配置させることで、サブディスプレイのようになります。
パソコンでの作業の参考資料をタブレットに表示させる、タブレットでオンライン通話をしながらパソコンで作業するなど、 さまざまな使いみちがあります。ディスプレイをわざわざ買わなくてもいいので、経費削減にもなるでしょう。

タブレットの操作しやすさ、画面の見やすさが向上
角度調整できるクレードルであれば、充電をしながらスムーズな文字入力や、快適な動画鑑賞もできます。
タブレットをキーボードとつなげば、パソコンのようにタイピングもしやすくなります。
単なるスタンドだと充電や同期はできませんが、充電やパソコンと接続できるクレードルであれば、長時間の作業でも「あと何時間しか使えない」と気にすることがありません。
同様に、動画を見るときも充電の量を気にせずに、動画を楽しむことができます。






* * * * *
【まとめ】
「クレードルがなくてもタブレットは使えるのでは?」と考えていた人も多いでしょう。
しかし、クレードルを使うことでよりタブレットを有効に使うことが出来るのです。
メリットを知って、今まで以上に便利にタブレットを使っていきましょう。

PAGE TOP

HOMEに戻る