営業マンの業務に「タブレット」活用で仕事の効率アップ

営業マンの業務に「タブレット」活用で仕事の効率アップ/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
営業マンの業務に「タブレット」活用で仕事の効率アップ

■業務用タブレットは営業マンにピッタリのツール
業務で使用するタブレットは、外出や出張の多い営業職にピッタリのツールです。
社内での会議や打ち合わせで使うのはもちろん、出張先でのメールチェックなど情報共有が素早くできます。
他にも外出先での手荷物削減、画像・動画の活用が簡単にできる、打ち合わせがスムーズにできるといった利点があります。




■業務用タブレットは会議や打合せ以外にも活用できる

外出先でのメールチェックや社内SNS閲覧で即時情報共有が可能
業務用としてノートパソコンでメールの送受信をしている方も多いでしょう。
ノートパソコンを使うためには机のような作業する台や広めのスペースが必須です。
しかし、業務用タブレットであれば、電車の中でも、カフェでもスマートに操作ができます。
近年は社内SNSを使って情報共有する会社も増えているため、タブレットがあればいつでもどこでも即時対応でき、仕事の効率が上がります。 しかもスマートフォンよりも画面が大きいため、文字入力や細かい図表の確認もしやすいのも魅力の1つです。

資料やカタログのデータを業務用タブレットに入れて、手荷物の削減
紙の資料や厚いカタログを持って出張すると、荷物が重くなってしまうことや、肝心の資料を忘れてしまうことがあります。
資料やカタログのデータを業務用タブレットに入れておけば、荷物はコンパクトになり、忘れ物も減らせます。
最近の業務用タブレットは、画像も鮮明に表示することができるので、カタログでは小さくて見えにくかった文字や写真も、簡単な操作で大きく綺麗に表示させることができます。 商品名などで検索すれば、見たい情報が瞬時に表示できるところも便利な点です。1つの商品を探すために、何冊ものカタログを1つ1つ確認するといった作業も不要です。
他にも、出張先で業務用タブレットとプロジェクターをつなぐことで、大きなスクリーンに資料を映し、会議参加者全員で内容を確認することもできます。 お客様からプリントアウトした資料が欲しいと依頼があれば、モバイルプリンターを活用するのも一つの手です。その場で印刷して手渡せば、後日送付する手間が省けます。

タブレットで撮った画像・動画をすぐに仕事に活用できる
業務用タブレットにはカメラがついているものが多いため、必要なときにすぐに写真や動画を撮影して、保存できます。 デジタルカメラを使い出張先で撮影した場合、撮影後にノートパソコンを立ち上げて撮ったデータを保存するといった手間があります。
また、現場確認などで資料や荷物を持ちながら撮影していると、カメラをうっかり置き忘れてしまい、取りに戻る、最悪の場合は失くしてしまうことも考えられます。 業務用タブレットがあれば、データは直接保存されて、気になることはメモもできます。ネット上に撮った画像を保存しておけば、違う端末からも確認することができます。

他にも、写真・動画をお客様に見てもらうときに大活躍です。
まず、自分がタブレットを操作して、実物を見ながらデータを提示する、写真や動画を使って説明するといったシーンでは、タブレットは大活躍です。 パソコン操作に慣れてない方に写真を見てもらう・選んでもらうときも、タブレットでの操作ならお客様の抵抗感は少ないでしょう。

動きの多い打ち合わせで大活躍
特に便利なシーンは、打ち合わせ中に移動が多いときや、立ったまま実物を見てタブレットで説明をするときのような、「動き」があるときです。 ノートパソコンでは置く場所がないと画面を見せにくい、持ち運び・操作がしにくい、といった欠点があります。
自分が仕事をする上で効率が悪いということもありますが、お客様を待たせてしまっては失礼になります。
業務用タブレットは効率的で、スムーズな打ち合わせのための強い味方です。





* * * * *
【まとめ】
出張の多い営業マンが効率よく仕事をするために、業務用タブレットは欠かせない存在です。自分自身の効率UPはもちろんですが、お客様の前でスムーズに対応するためにも、業務用タブレットは大きな助けになるでしょう。

PAGE TOP

HOMEに戻る