飲食店の顧客満足度を上げるタブレット端末の可能性

飲食店の顧客満足度を上げるタブレット端末の可能性/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
飲食店の顧客満足度を上げるタブレット端末の可能性

飲食店で、顧客自身がタブレットを使って注文するのを見たことはありますか?
食べ放題のお店や回転ずしのチェーン店で見かけたことがある人もいるでしょう。タブレット端末を導入したオーダースタイルによって、顧客の回転率の向上、人件費削減ができることは簡単に想像できます。

それだけでなく売り上げUPにつながる事例もあります。具体的な活用方法や気をつける点を紹介します。



■注文からレコメンドまで大活躍

タブレットを飲食店に導入すると、人件費の削減が可能です。
その他にも、従来とは異なるアプローチができるなど、次のような複数のメリットがあります。

・本日のおすすめや人気メニューの詳細を紹介できる
タブレット端末であれば、紙のメニューでは説明しきれない詳細情報まで紹介できます。 今後はインターネットを介して、メニューの感想の紹介や、リアルタイムの人気を表示することも主流になっていくでしょう。 安さだけでない魅力を伝えることができる上、他のお客様のレビューを参考にできることで、お客様がいつもより「ちょっといいもの」を注文することにつながります。

・オーダーを瞬時に送信できる
スタッフを呼ばなくてもタブレット端末で注文を伝えることができるため、人件費が削減できます。 それ以外にも、注文をとるスタッフを待つ時間がないため、衝動的に注文してしまう傾向があります。 そのため、普段よりも多めに注文してしまい、結果的にお店の売上UPにつながります。

・タブレット端末の有料ミニゲームで遊べる
タブレット端末の有料ミニゲームがあると、お子様が食べ終わって退屈になってしまっても静かに遊んでくれます。 少しの投資で大人もゆっくり食事をとることができるので嬉しい機能ですね。

・気を付ける点
まずは、タブレット端末の操作方法が複雑にならないようにしなければなりません。 注文したいものがなかなか表示されない、似た画面を行ったり来たりしてうまく選べないような仕様だと、お客様はストレスを感じます。
特に情報が多くなれば操作も複雑になる傾向があります。
画面の操作方法は簡単にする、通常のスタッフによるオーダー方法も残しておくといった工夫をしましょう。

また、タブレット端末でオーダーすることが飲食店の雰囲気と合わないこともあります。 ファストフードのような印象になってしまうため、おもてなしを重視したスタイルのお店は注意が必要です。
お客様から説明が欲しいと要望があった時に、タブレット端末をサッと出して詳細の説明をするなど、お店の雰囲気に合わせて部分的に使うことも効果的です。





* * * * *
【まとめ】
このように、飲食店でタブレット端末を使った接客はまだまだ可能性があります。 お店のスタイルに合わせ、効果的に使うことで、売り上げUPや顧客満足度UPにつながっていきます。

PAGE TOP

HOMEに戻る