工場でのタブレット活用で設計図を3Dに!見やすく作業も安全に!

工場でのタブレット活用で設計図を3Dに!見やすく作業も安全に!
工場でのタブレット活用で設計図を3Dに!見やすく作業も安全に!

航空機や自動車など物造りの業界で大切なのは設計図です。 設計された通りに精密に確実に物を造り上げなければなりません。
造る側はその設計図を確実に把握する能力が必要になりますが、設計する側も見やすい設計図を造り上げる能力が重要です。
そんな工場で重宝されるのが、タブレットによる設計図の3D化です。 タブレットで3D化された設計図は立体的でより見やすくなっているので、造る側の設計図の理解の助けになります。 今回は、工場でのタブレット使用の利便性について、詳しく解説していきます。

写真

■工場で行われる3D活用の実態

工場で設計される図面は、ほとんどがCADを利用した設計図であることが多かったようですが、3D活用することで製造者が全体像を掴みやすくなりました。
その3D化した設計図を造る上で大切なのは、余計な機能を省くことです。
ただでさえ3D図面を造るのには時間がかかります。余計な機能が多いと、設計者の負担が重くなってしまうのです。 また、3D図面を作成してからタブレットで確認しやすいように、自動変換するのも重要です。タブレット専用のデータにすることで、必要なボタンだけで図面をチェックすることができるので、図面の設計者と簡単にコミュニケーションがとれます。



■タブレットによる図面確認で現場指示もスムーズに

3D図面をタブレットで見ることができると、形状や組み付け状態を容易に確認することが可能になります。 またこういった機能のおかげで、基本的なオペレーションも簡単に行えるのです。
部品名の検索を可能にすることで、今後の設計の部分で変更点を指摘できるようになるなど、柔軟な対応ができるでしょう。
実際に3D図面を活用している現場では、視認性が高く評価されています。 複雑な配管や奥に重なっているような図面、断面図ではわからないところも、3D図面なら容易に確認できるので、重宝されています。
図面よりもタブレットを用いた方がレイアウトを把握しやすいという方も多くいらっしゃいます。今後は3D図面が大いに活躍することが予想されるでしょう。




■今後はコミュニケーションツールとしても運用が期待

現在では試作的な形で運用されている3D図面ですが、今後は本格的に導入が検討されています。
完成した3D図面をデータベースで共有することで、誰でも簡単に好きな時にデータ抽出が可能になります。現場に出ている時でも、タブレットに共有された3D図面が確認できるようになるのです。
このような用途でも、工場でのタブレット導入が期待されています。今後の現場運用にも変化が訪れそうです。



* * * * *
【まとめ】
3D化された設計図を利用することで、図面全体がより把握しやすくなりました。
こういった変化は製造者の視認性の向上が期待でき、作業の効率も格段にあがるでしょう。
また、若い製造者はタブレットで情報を共有すれば、平面的な設計図を使うよりも理解が早いのが導入するメリットの一つです。
今後はコミュニケーションツールとして、現場と設計者の繋がりを深めるであろうタブレット。 これからの現場の変化に対応するためにも、タブレットを導入することをおすすめします。







Windows"

Android

PAGE TOP

HOMEに戻る