訪日外国人がもう一度泊まりたいと思う日本のホテルサービスに「タブレット通訳」の評価あり

訪日外国人がもう一度泊まりたいと思う日本のホテルサービスに「タブレット通訳」の評価あり
訪日外国人がもう一度泊まりたいと思う日本のホテルサービスに「タブレット通訳」の
評価あり

東京オリンピックが近付くにつれて、在日外国人が増加傾向にあります。日本自体も「インバウンド層」を受け入れるための観光戦略が重視されるようになっています。 そんな中、日本のホテルサービスで行われている、「タブレット通訳」が在日外国人の評価を得ています。それが、もう一度泊まりたいと思わせるきっかけになっているのです。 今回は、在日外国人の評価を得ているタブレット通訳の魅力に迫っていきます。

写真

■タブレット通訳で言葉の壁を感じさせない

日本へ観光に来る在日外国人が、また泊まりたいと感じるホテルの特徴は「言葉の壁を感じない」ということがポイントになっています。
言葉が通じないというのは不便に思う方が多いでしょう。 聞き慣れない国の言語に触れることは、それだけで不安が大きくなることもあります。最悪の場合、思わぬトラブルが起こりうる原因にもなりかねません。 こういった考えは観光客の外国人だけではなく在日外国人の方も持っていて、やはり宿泊するホテルでは言葉が通じる方が、泊まりやすいと感じるようです。
そのため、スタッフが英語を話せるのが一番コミュニケーションを取りやすく良いでしょう。しかし、スタッフ全員に語学スキルを求めてしまうと、人材収集や雇用状態で大きなコストがかかってしまいます。 そこで、言葉の壁を感じさせない方法として、タブレット通訳を活用することが挙げられます。 タブレット通訳であれば、スタッフが英語を話せなくても、同一のコミュニケーションを取ることが可能です。在日外国人がストレスなく観光できる大きなポイントになります。



■在日外国人に泊まりたいホテルとして選ばれるためには?

在日外国人が泊まりたいと感じるホテルとして、「Wi-Fi環境が整っている」・「口コミで評価が高い」というのがありますが、大切なのは多言語に対応しているかどうかという点です。
英語圏の観光客だけではなく、中国や韓国からも訪日客は多くいらっしゃいます。そのため、多言語に対応し、きちんとコミュニケーションが取れる体制をつくる必要があります。 英語であれば習得しているスタッフもいますが、一人で多言語に対応できる人材は多くはいないでしょう。そんな時、タブレットを用いて多言語通訳の機能をスタッフ全員が使用すれば、柔軟な対応が実現できます。
泊まりたいホテルに選ばれるためには、タブレット通訳の使用方法をスタッフがマスターしていることが、今後のホテル業界の課題になってくるでしょう。



■タブレット通訳を導入して訪日外国人に対応しよう

ホテルにタブレット通訳を導入すれば、人材収集のコストや時間を割くことができます。また、働いているスタッフの負担を軽減することも可能なのです。
東京オリンピックにあわせて、訪日外国人の増加が考えられます。海外からの顧客獲得のためには、多言語に特化したタブレット通訳の導入が、ホテルの売上に関係してくるのではないでしょうか。





* * * * *
【まとめ】
訪日観光客は年々増加しています。それに対応するため、多くのホテルスタッフは手を焼いているという話もあります。スタッフの負担を軽くし、在日外国人の満足度を上げるためには、タブレット通訳を導入することが大切です。
英語圏内の顧客だけでなく、中国や韓国といったアジア圏内の方への対応も重要視されています。そんな時、タブレット通訳は大いに役立つことでしょう。 今後のホテル業界には欠かせない存在になるタブレット通訳。ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。







PAGE TOP

HOMEに戻る