アパレル業界での在庫管理や値札のデータ入力がタブレットで簡単に!

アパレル業界での在庫管理や値札のデータ入力がタブレットで簡単に!
アパレル業界での在庫管理や値札のデータ入力がタブレットで簡単に!

今ではさまざまな業界でタブレットを導入し、業務改善に取り組んでいる企業が増えています。 その中でもアパレル業界は、タブレットでデータ入力を行い、簡単に管理を行うシステムを導入することで、従業員の負担を軽減する対策が行われているのです。 アパレル業界で、どのようなタブレットの活用方法がなされているのか、具体的なメリットについて詳しく解説していきます。

写真

■タブレットシステムで情報をデジタル化

アパレル業界では在庫管理や値札、会員登録など紙ベースで行われていることが多く、単純なミスや間違いが頻繁に発生していました。また、紙ベースであれば集計し、データ情報をまとめるにも従業員の負担がかかるという欠点があります。
しかし、タブレットシステムを導入すれば、様々な情報をデジタル化し、管理が行いやすいように対策が行えるため、入力作業が大幅に激減することに繋がるのです。
さらに、パソコンと違い、即座にデータにアクセスして検索や紹介が行えるので、迅速な顧客対応を行うことができます。 単純なミスを防ぐことができるだけでなく、顧客対応に対しても有益な行動が取れるのが、タブレットシステムの魅力なのです。



■タブレット導入による業務改善のメリット

タブレットシステムを導入することで、アパレル業界では在庫管理などが、速やかに行えるように業務改善が可能になりました。他にもタブレットを導入することで得られるメリットは複数あります。 どのようなメリットがあるのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

1.移動の隙間時間を利用
タブレットは持ち運ぶことができるため、場所を問わずに業務管理を行うことができます。システムによっては在庫管理だけでなく、勤怠管理についてもリアルタイムでチェックすることができ、移動の隙間時間を使って状況を確認することが可能です。
また、メール対応も隙間時間を使って行うことができるため、便利なツールとして活用することができます。


2.社員のマニュアルに活用
通常では社員のマニュアルなどは、紙で伝えられることや実践で教わることが多いのですが、タブレットを使用すれば、マニュアルを動画などの音声付きで伝えることができます。 動きや音声が入ることで、イメージが付きやすく、文章で伝えるよりも格段に理解が早いというのがメリットです。


3.顧客の要望に応えることができる
タブレットで在庫管理を行っていれば、顧客の要望に迅速に対応することが可能です。システムにアクセスすれば、在庫があるのか、すぐに確認することができ、またいつまでに入荷する商品なのかも把握することができます。
顧客の要望に応えることは、満足度に繋がるため、業績向上にいい影響を与えるといえるでしょう。






* * * * *
【まとめ】
アパレル業界では、在庫管理や値札のデータ入力など、紙で行われることが多かったため、従業員の負担は大きいものでした。しかし、タブレットシステムが導入されることで、ほとんどのデータがデジタル化し、確認作業が容易になっています。
他にも携帯することで、場所を問わずに情報が得られることやマニュアル完備に効果が期待できるので、大変便利なツールとして活用できるでしょう。







PAGE TOP

HOMEに戻る