自動車保険会社で迅速な対応が可能になったのはタブレットのおかげ!

自動車保険会社で迅速な対応が可能になったのはタブレットのおかげ!
自動車保険会社で迅速な対応が可能になったのはタブレットのおかげ!

近年、自動車保険会社では、手続きや事故受付の代理店業務を、タブレットを通じて行えるシステムが導入されています。 これにより、業務の改善や迅速な対応が可能になったといわれています。
迅速な対応を可能にしたタブレットが自動車保険会社に導入されることで、具体的にどのようなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

写真

■外出先でも契約内容の照会が容易

今までの自動車保険会社では、パソコンで契約内容の説明や契約手続きを行っていました。ここにタブレットを用いることで、顧客に保険内容をわかりやすく解説し、さらに外出先でも代理店システムを利用することが可能になっています。
さらに、タブレットには高いセキュリティがかかっています。 顧客情報が漏洩することなく、安全に業務利用することができるようになっているので、安心してシステムを活用することが可能です。
また、代理店はタブレット端末を携帯することで顧客の契約内容の照会や事故受付や報告ができるため、迅速な対応ができるようになっています。



■自動車保険会社でタブレットを活用するメリット

パソコンの代わりに代理店システムにアクセスすることで、外出先でも必要なデータが収集できるタブレット。
自動車保険会社で活用すれば、具体的にどのようなメリットがあるのか、詳しい内容を解説していきましょう。

1.顧客にわかりやすい解説
保険の解説を行う場合、一般的には紙ベースの資料で解説することが多く、その分持ち運ぶ資料の量も膨大でした。しかし、タブレットを用いることで、紙ベースの資料が必要なくなり、営業が行いやすくなるのがメリットのひとつといえるでしょう。
また、音声付きの動画や様々な資料を顧客に提示することで、保険の内容をわかりやすく解説することができるため、契約成立にも大きな影響を与えてくれます。
持ち運びが可能であるため、どのような場面でも営業することができ、必要な資料もすぐに取り出すことができるので、タブレットで保険営業を行うことは、業績アップに繋がるといえます。


2.事故後の対応もスピーディー
車で事故を起こしてしまった場合は、迅速な対応が代理店として重要な業務になります。タブレットを持っていれば、外出先でも速やかに顧客の契約内容を照会し、事故受付を行うことができるため、顧客への対応をスピーディーに完了することが可能です。
顧客への対応が早いことは、満足度に繋がるため、関節的に業績アップに大きく貢献することに繋がるでしょう。パソコンよりも速やかに代理店システムにアクセスすることができるので、迅速な対応が可能になります。






* * * * *
【まとめ】
自動車保険会社にとって、顧客満足度を向上させるために必要なことは、事故後の対応が迅速であることです。
そのためには、顧客の契約内容を照会し、適切な対応を行う必要があります。 そんな迅速な対応に貢献してくれるのが、タブレットです。パソコンとは異なり、携帯することが可能なため、どんな場所でも代理店システムにアクセスすることができ、利便性が高いのが最大の魅力でしょう。
自動車保険の営業を行う時も、紙ベースの資料よりもわかりやすく解説が行えるため、営業一人ひとりの成績アップに繋がるはずです。







PAGE TOP

HOMEに戻る