タブレットによるモバイル決済で飲食店が得する事

タブレットによるモバイル決済で飲食店が得する事
タブレットによるモバイル決済で飲食店が得する事

最近では現金で精算するよりも、タブレットやスマートフォンから行うモバイル決済を導入する飲食店も増えています。
また、今までクレジットカードをスキャンする機械が高額で購入できなかった店舗もモバイル決済で、費用が安くついてよかったという意見も多く寄せられているのが特徴的です。 今回は、飲食店でタブレットによるモバイル決済を取り入れれば、どのようなメリットがあるのかを詳しく解説していきます。


写真

■会計の選択肢が増える

モバイル決済とは、タブレットなどのモバイル端末を使用して決済する方法です。クレジットカードや電子マネーで会計を行うことが可能です。
モバイル決済を導入することで、代金受け取りの方法の選択肢が増え、顧客獲得に大きな影響を及ぼします。さまざまな決済の方法が可能になるだけで、利便性が変化します。タブレットによるモバイル決済の実現は、飲食店にとって大きな進歩といえるでしょう。
また、今までのクレジットカードをスキャンする機械は、高額で取引されていることが多く、導入できなかったという飲食店もあったはずです。
しかし、タブレットであれば、比較的安価で簡単にモバイル決済することができます。
今や海外では、現金での支払いが少なく、モバイル決済が注目されています。そんな中で、タブレット決済を導入すれば、外国人観光客の獲得にも繋がるといえるでしょう。



■モバイル決済導入によるメリット

タブレットによるモバイル決済を飲食店で導入することで、具体的にどのようなメリットが生じるのでしょうか。詳しい内容をご紹介します。
まず、タブレットを比較的安価で購入することができるため、初期費用を各段に下げることができます。また、カードリーダーも安価で、決済手数料自体も安く済むため経費削減に大きく貢献できるでしょう。
タブレット端末であるため、持ち運びも容易で店舗の移動や店舗内での移動が可能になるので大変便利です。
このように持ち運びが便利なことから、店舗だけではなく、デリバリーサービスといった環境でも役立ってくれるため、使い勝手もいいのが特徴になります。
操作も画面に直接タッチして動かすだけなので、従業員の教育にも時間を割く心配もないのも嬉しいメリットといえるでしょう。



■モバイル決済導入時の費用とランニングコストについて

モバイル決済を導入するにあたって心配になるのが、費用とランニングコストについてです。一体いくらかかるのか、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
機種にもよりますが、カードリーダーは5,000円~、タブレットは10,000円~購入することができます。
数十万かかると言われているクレジットカードをスキャンする機械よりも安価で済みます。
ランニングコストについては、決済サービスの月額使用料と決済手数料がかかりますが、どちらも高くつくことは少ないので、運営する上でもお得な方法といえるでしょう。





* * * * *
【まとめ】
飲食店でも普及率が高くなりつつあるタブレット。 モバイル決済の方法として活用されていて、お客様としてもクレジットカードや電子マネーで決済が可能なのは、使い勝手がいいと感じるはずです。







PAGE TOP

HOMEに戻る