工場で失敗しないタブレットの利用術

工場で失敗しないタブレットの利用術
工場で失敗しないタブレットの利用術

工場では常に生産効率を向上する働きが行われています。その中でも、現在利用価値が高まっているのが、生産システムの導入による機械間の接続です。 既存の方法では、機械間の接続を行うために多くの配線が使用されていて、工場が配線だらけになってしまうため、有益な生産システムの導入は先送りにされてきました。
しかし、近年のタブレット普及に伴い、機械間の接続が無線で行えるようになっています。 今回は、工場で失敗しないタブレットの利用術についてご紹介します。


写真

■構内wifiソリューション

工場ではひとつの製品ではなく、様々な製品を生産することが多く、その度にケーブルの引き直しを行っていては、手間がかかってしまいます。しかし、タブレットの無線LANを導入することで、生産システムの組み換えを行う必要がなく、工程管理や出荷検品などが可能です。
特に最近では、無線LANの電波状況や信号強度を把握するために、専門的な電波調査(サイトサーベイ)で無線LANの「見える化」が実現されています。 無線LANの「見える化」によって、セキュリティ面だけなく、システムエラーの原因などを特定することが可能になるでしょう。
また、無線LANであれば道路を挟んだ向かいの機械とも繋がることもでき、業務の幅を広げることができるのです。



■構内監視カメラソリューション

近年、工場内での盗難や内部からの嫌がらせによる業務停止などの損害を受けている企業は増えている傾向にあります。それに伴い、監視カメラの需要も上昇しているのが特徴です。
タブレットでは、この監視カメラの映像を確認することができ、工場の「見える化」を図ることも可能になっています。
特に、最近の監視カメラの防犯やセキュリティは、不審者を感知して映像をモニターに即座に映してくれるため、タブレットを保持していれば不審者の侵入を察知することが可能です。
また、製造ラインの映像を録画してデータ保存することで、作業管理や勤怠管理をスムーズに行なえます。さらに、事故が発生した場合の証拠映像を後から確認することにも役立ちます。



■リアルタイムで指示書を従業員に通達できる

工場では長年、紙ベースで指示書を従業員に手渡しすることで、一日の作業内容を通達していました。
しかし、タブレットを従業員に配布しておけば、リアルタイムで指示書を送り、リアルタイムで変更等の連絡が行うことができます。
生産工程の進捗や実績を生産システムでチェックすることで、従業員に他の業務を行うように指示を出すこともできるので、タブレットを向上で活用すれば、全体的な生産効率の向上が図れるでしょう。



■生産日報のタイムラグがない

生産工程の実績を生産日報として記録するためには、紙ベースで保存したり、デスクに戻ってデータ入力する必要がありました。この場面でもタブレットを導入すれば、その場で生産日報を作成することができるため、わざわざ紙に記入する手間やデスクに向かう手間を省くことができます。
また、生産日報を従業員が全体で共有することで、点検結果や業務の進捗を各々で確認することが可能です。それにより、トラブルや生産予定の遅れが発生している場合に、他の従業員がフォローに回ることもできるようになります。



* * * * *
【まとめ】
工場でタブレットを使用することは業務効率を図るだけでなく、工場内の配線を少なくする試みやセキュリティ面を向上することにも繋がります。 これからは工場もタブレットが普及していく時代になるといえるでしょう。 管理方法などの見直しを考えている方は、ぜひタブレットの導入を検討してみてはいかがでしょうか。







PAGE TOP

HOMEに戻る