教材のアイデアが次々と生まれる!先生と生徒の頭脳を最大限に活かすタブレット授業

教材のアイデアが次々と生まれる!先生と生徒の頭脳を最大限に活かすタブレット授業
教材のアイデアが次々と生まれる!先生と生徒の頭脳を最大限に活かすタブレット授業

現在は教育の場において、タブレットを行う授業を行う学校は少数です。 しかし、タブレットを用いることで、行える学習の方法は広がります。 今回はタブレットを用いることで、どのような教材のアイデアが生まれていくのか、タブレットがもたらす教育面の可能性についてご紹介します。


写真

■タブレット授業によって教育環境が大きく変わる

学校側がタブレットを使用して教育する学校は、まだ少ないように見受けられます。 しかし、タブレットを活用すれば、様々な教材として活用することができるのです。 どのような活用方法があるのか、詳しい内容を見てみましょう。

1.カメラ機能で子供の理解を促す
タブレットに搭載されているカメラ機能は、スマートフォンにも搭載されている初歩的な機能ですが、教育の場面では大きな利便性を発揮してくれます。
まず、生徒のノートをカメラ機能で撮影し、その後に画像越しからコメントや訂正の文章を書き込むことが可能です。 書き込みを行うことで生徒へ解説を行いやすく、生徒自身もどこが間違っていたのかを理解することができるのです。
また、ノートの画像を残すことで、成績の評価を行う時のひとつの参考として活用することが可能なのも大きなメリットといえるでしょう。 さらに、動画撮影を行うことで、ダンスの踊り方や英語の発音を学習する際に活用することができます。 タブレットには、さまざまな魅力があるのです。

2.デジタルワークシートで生徒の回答を管理・発表ができる
デジタルワークシートとは、紙ではなくタブレットを生徒に配布します。 生徒自身がタブレットに気付きを書き込むことで生徒達の回答を管理し、発表を促すことができます。
デジタルワークシートのメリットは、紙ベースと違ってフルカラーで書き込むことができるので、いつも以上にわかりやすく解説を行うことが可能です。
また、デジタルワークシートのテンプレートは自分で作成することもできるため、他の先生と共有することができます。こうすることで、生徒の学力向上を促すきっかけにもなるでしょう。

3.授業支援システムで配布や回収が容易
タブレットで授業を行う方法として、最も有効的な手段であるのが授業支援システムを導入するということです。授業支援システムを実装することで、生徒にワークシートを配布・回収までの流れをスムーズに行うことができ、生徒のデータを一覧表示することができます。
一覧表示することにより、進捗状況を把握することができるため、生徒に指導を促すきっかけになるのです。



■タブレット授業はアイデアが豊富

タブレットで搭載されているカメラ機能だけでも、教材として有効活用することができ、システムを利用することで、様々なメリットが生まれます。
タブレット授業はアイデアを活用すれば、豊富に教材として利用することが出来るので、今後は授業で主流となって使われることになるでしょう。
また、宿題の提出もタブレットを活用すれば自宅で簡単に提出を行うことができます。生徒が宿題の持参を忘れてしまったというトラブルも防ぐことができます。





* * * * *
【まとめ】
タブレットを用いた授業は、生徒だけでなく教師側の負担も軽減できます。
ワークシートのテンプレートを活用すれば、自身で問題を作成する手間も省けるでしょう。配布や回収もデータ上で完了するので、面倒な工程も削減できます。 生徒の学力向上や先生の労力削減を考えるのであれば、タブレット授業導入がおすすめです。







PAGE TOP

HOMEに戻る