食品工場で欠かせない作業をタブレット活用でコストと時間を削減

食品工場で欠かせない作業をタブレット活用でコストと時間を削減
食品工場で欠かせない作業をタブレット活用でコストと時間を削減

基本的な製造を機械で賄っていることが多い食品工場では、現在タブレットを導入することで、生産工程の改善が検討されています。多くの食品工場では、タブレットによるシステム管理を導入することで、コストと時間を削減が行われているのです。
今回は、食品工場が抱えている問題に対して、タブレットによる導入でどのように改善されていくのか、詳しい内容を解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

写真

■食品工場で抱えている問題

現在食品業界は、売上高90%を国内市場に依存している傾向にあります。 国内で需要が少なくなると困窮を極める展開になってしまいます。
現に、大手企業はコスト削減のために海外展開を構想していることもあり、国内の売上高が下がる傾向になることが予想されるでしょう。
そういった現状の中、国内で生産する食品工場のコストが現段階のままであれば、食品工場は衰退していく恐れがあります。 こういった問題を解決するために、取り組みが行われているのがタブレットによる生産効率の向上です。
タブレットを活用すれば、進捗管理や在庫管理など、今まで時間的なコストがかかっていた部分を自動化にすることで、コスト削減が期待できるのです。
実際に、近年の食品工場では、タブレットを使用したシステムを組み込んでいる企業が増えています。 このように工程を簡略化して、一人ひとりの負担を軽減する試みが実施されている食品工場もあるため、今後のコスト削減に大きな希望になるといえるでしょう。



■タブレットによる企業取り組み

食品工場では、急な生産工程や作業の変更が行われることがあります。そんな時に、現状の進捗状況が把握できていなければ、何を優先的に生産する必要があるのか、判断を見誤ってしまうこともあるでしょう。

そういった問題を解決するために、現場責任者がタブレットを用いていればトラブル対策にも繋がります。 進捗状況のアプリケーションを利用することで、人員確保やスケジューリングを常に明確化することができます。また、状況判断を行いやすい環境をつくることも可能なのです。

さらに、現場で使用している生産現場の機器の保守点検が行われやすいように、チェックシートなどを電子化することもできます。紙ベースで管理するよりも全体に共有しやすくすることもタブレットの魅力のひとつです。



■食品工場で実現できるタブレットの活用方法

食品工場では、タブレットを使用することで、多くの工数を削減してコストを軽減する方法がいくつかあります。
その一つとして、原料管理在庫をタブレットで明確化することで、状況をリアルタイムで把握することが可能です。
たとえば、紙ベースで管理する場合は、現場に置いていると、紙の破片などが食品への接触が危ぶまれます。しかし、タブレットであればデータ化することで、データ集計が容易に行うことができるようになるのです。
他にも、生産設備とシステムを連動することで、生産実績がリアルタイムで反映され、進捗状況が見えるように自動化を行うことも可能です。 生産設備からのデータを基に、実績のデータ票も自動で作成することもできるので、わざわざ人員を割いてデータを収集する手間が省けるというメリットがあります。





* * * * *
【まとめ】
食品工場での生産は、欠かせない実績の入力や在庫管理といった作業があります。
紙ベースでの管理では手間がかかってしまう作業でも、タブレットで自動化することによって、人員の削減や負担を軽減する効果が期待できます。
そして、タブレットを自動化にすれば、データ実績をすぐに把握することができるので、工程管理も行いやすくなるでしょう。 食品工場の生産効率を希望される方は、タブレットを上手く利用してみてはいかがでしょうか。







PAGE TOP

HOMEに戻る