使い慣れているタブレットがレジになる?! ~知らないと損する便利なタブレット端末~

使い慣れているタブレットがレジになる!?~知らないと損する便利なタブレット端末
使い慣れているタブレットがレジになる!?~知らないと損する便利なタブレット端末

最近、タブレットをレジの端末として使用する飲食店が増えています。一般的なレジマシンよりも安価なタブレットを使用すれば経費節減にもなるでしょう。タブレットをレジにするメリットや注意点などについて解説します。

写真

■タブレットをレジにするメリット

タブレットをレジとして使用することは、飲食店にとって数多くのメリットがあります。具体的にどのようなものがあるのか見てみましょう。

【スペースをとらない】
レジマシンはある程度大きなものなので、設置するには専用のテーブルやカウンターなどが必要でした。しかし、タブレットにすれば特別なスペースをもうけなくてもOKです。持ち運びも簡単なのでテーブルチャージ方式にすることもできるでしょう。


【機能が豊富】
タブレットには多種多様なアプリがあります。アプリを活用することによって単なるレジではなく、在庫管理や販売戦略を練るためのツールにすることもできるのです。顧客ごとの来店歴、注文履歴などを参照してもてなしの体制を万全に整えれば、顧客満足度をアップさせてリピーターを獲得することにもつながるのではないでしょうか。


また、レジアプリには店舗の座席管理機能がついているものもあります。アプリによる予約管理ならば、残席管理の間違いを未然に防止することもできるでしょう。繁盛期のダブルブッキングを防ぎ、テーブル回転数の最適化を図るなど、本来ならば熟練したスタッフでなければ難しい作業が誰でも簡単にできるようになるというわけです。


特にこれから2店舗目、3店舗目と拡大したいと考えている飲食店にとって、各店舗のデータをクラウド上でまとめて管理することができるというのは大変便利なのではないでしょうか。従業員一人一人が各店舗の運営状況を確認することで一体感を高め、モチベーション向上につなげることもできそうです。


【リーズナブル】
レジマシンは一般的に20万円から30万円と高額です。一方のタブレットは数万円で購入することができます。すでにタブレットを持っているならば、平均して月額1万円ほどのアプリ課金のみでOKということになるので大変お得といえるのではないでしょうか。



■タブレットをレジにする注意点

まず、タブレットを購入したらレジ専用アプリをインストールしましょう。クレジットカード決済サービスとの連携がスムーズ、顧客管理機能が充実、勤怠管理やブログの作成ができるなど、アプリには多種多様なものがあります。それぞれの飲食店のニーズに合わせて選択してください。

アプリを選ぶ際には、飲食店の規模、店舗数などにも注意しましょう。アプリによっては1店舗ごと、端末ごと、アカウントごとに課金されるケースもあるからです。もし、複数店舗に導入する予定ならば、思わぬ出費がかさむ可能性もあることを忘れてはいけません。
また、タブレットに接続したレシートプリンタ、キャッシュドロアなどの動作チェックも必ず念入りに行うようにしてください。





* * * * *
【まとめ】
タブレットをレジにすることは、場所をとらない、リーズナブル、多機能といった数多くのメリットがあります。持ち運びも可能であるため、イベントやケータリングサービスの時にも手軽に利用することもできるでしょう。ぜひ導入してみてはいかがでしょうか。







PAGE TOP

HOMEに戻る