注意点をしっかりおさえよう!病院にタブレットを導入することのメリット・デメリット

注意点をしっかりおさえよう!病院にタブレットを導入することのメリット・デメリット
注意点をしっかりおさえよう!病院にタブレットを導入することのメリット・デメリット

医療現場が電子化されて久しいものの、いまだにノートパソコンを使用している病院も少なくありません。しかし、病院にこそ導入をおすすめしたいのがタブレット端末です。病院でタブレットを使うメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

写真

■病院でタブレットを使うメリット

病院にタブレット端末を導入することは数多くのメリットがあります。その一例をご紹介します。

【情報共有がスムーズ】
入院患者様の情報を、スタッフ全員で正確かつ迅速に情報共有することは、非常に重要です。特に、規模の大きい病院ほど、多くの医師、看護師で情報をシェアするケースも増えます。たとえば、日勤から夜勤のスタッフに引き継ぎを行う際にも、入院患者様にどのような薬を処方したのか正しく伝えることができないと、投薬ミスなどにつながる恐れがあります。これまでパソコンで情報管理をしていた病院も多いかもしれませんが、タブレットを使うことで、より簡単に患者様の情報を共有することができます。

【持ち運びが便利】
看護師が病棟を巡回する際に、ノートパソコンをカートに乗せて巡回するようにしていた病院もあるのではないでしょうか。ノートパソコンはカートの上段を占有するため、下段にある薬などを取り出すたびに腰をかがめ、腰痛になってしまう看護師もいるでしょう。
しかし、タブレットならばストラップで首から提げて、どこにでも持ち運ぶことができるため、大変便利です。

【入院患者様にもメリットがある】
タブレットは、スタッフだけではなく入院患者様にもメリットがあります。たとえば、最近ではテレビのように1人に1台タブレットを設置している病院も少なくありません。入院患者様自身がタブレットで、診療方針や診療スケジュール、検査結果などをチェックできるようになっているのです。また、エンターテイメント系のコンテンツを提供することもできますし、入院生活のストレス解消にも役立つでしょう。



■病院でタブレットを導入するデメリット

以上のように、タブレットは病院経営に数多くのメリットをもたらしてくれます。一方、デメリットも気になるところですが、解決策と共に確認していきましょう。

【経過観察が入力しにくい→キーボードの導入】
経過観察、看護記録など、どうしても長文になる内容は、確かにタッチペンだけの入力では限界があります。長文入力の不自由さを理由にタブレット導入を控えている病院もあるかもしれません。しかし、最近ではキーボードを使えるタブレット端末も増えているので、あまり心配することはないでしょう。

【システムの導入が大変→シンプルなものもある】
タブレットを利用した電子カルテシステムを導入するにあたっては、慣れるまでにはある程度大変ですが、これまでパソコンで使っていたシステムを、そのまま移行できるケースもあります。できるだけシンプルなものを選択するようにしてはいかがでしょうか。





* * * * *
【まとめ】
いかがでしたでしょうか。タブレットを病院で使用するにあたってはデメリットもありますが、それに勝るメリットの方がはるかに大きいと言えます。ぜひ、導入を検討してみてはいかがでしょうか。







PAGE TOP

HOMEに戻る