清掃管理機能で作業負担の軽減につながる!

清掃管理機能で作業負担の軽減につながる!
清掃管理機能で作業負担の軽減につながる!

ホテルの各種業務において効率化は随時進んでおり、フロント業務の簡素化、効率化に役立っています。フロント業務の中でも客室の清掃状況を把握することは、客室の回転率をアップするために重要です。 客室清掃状況を管理するには、タブレットを用いると簡単です。清掃スタッフは、簡単に清掃状況を報告できます。その情報はフロントのPCやタブレットに素早く反映されるため効率的です。タブレットによる清掃管理機能について紹介します。

写真

■客室の清掃状況をすぐに確認できる

タブレットによる清掃管理機能を利用すれば、清掃スタッフとフロントの情報共有が容易になります。フロントでチェックアウトの手続きをすれば、その情報は清掃スタッフのタブレットに届き、直ちにチェックアウト済みの客室へ取りかかることができます。
清掃が終了すれば、清掃スタッフはタブレットで客室のステータスを清掃終了に変更するだけです。その結果、清掃済みの客室に新規の宿泊客をスムーズに通すことが可能になります。
また、チェックインや清掃中といったステータスは、清掃スタッフのタブレットだけでなく、フロントの端末でも確認することが可能です。そのため、どの客室が利用可能かすぐにわかるため、無駄な作業を減らすことができるでしょう。



■フロントと清掃スタッフとの連携も容易

チェックアウトや清掃終了などの連絡は、フロントと清掃スタッフの間で内線電話を使って逐一行っていました。この電話連絡の手間は、煩雑であることが否めません。フロントが多忙なときは、少しでも早く宿泊客を案内したいため、清掃状況について何度も清掃スタッフへ確認の電話を入れる必要がありました。
清掃スタッフも、清掃終了の連絡が遅れると宿泊客への案内が滞ってしまうため、急ぐ必要があったようです。 このような内線電話での煩雑なやりとりが、タブレットの導入によって省略できます。清掃スタッフが清掃終了を連絡するときは、タブレットをタッチするだけで完了です。フロントスタッフは、客室のステータスが一目でわかることで、清掃スタッフの電話確認なしでチェックイン手続きが行えます。



■清掃の優先順位をつけることも可能

チェックインが予定より早かった場合や、団体客で一度にチェックインを行う必要がある場合は、どの客室を先に空けるべきか優先順位をつけることがあります。この優先順位と清掃スタッフの認識がずれていると、予約の入っていない客室から先に清掃し、チェックインが必要な客室を後回しにしてしまうといった可能性があるのです。
このような事態を避けるため、タブレットの清掃管理機能では、優先して清掃する客室の指示を表示することが可能になっているものもあります。多くの清掃管理機能では客室ステータスを色分けで確認できます。その中で清掃を優先する客室の指示も可能なのです。
これにより、清掃スタッフは清掃する客室の把握だけでなく、さらなる業務の効率化を図ることができます。



■よりスピーディなサービス提供にもつながる

このように、タブレットの清掃管理機能を使えば清掃スタッフとフロントの連携がスムーズとなり、宿泊客への案内も迅速に行えるようになります。その結果、業務効率化はもちろんのこと宿泊客へスピーディなサービスの提供が可能です。



PAGE TOP

HOMEに戻る