従業員のシフト管理にタブレットを活用しよう

従業員のシフト管理にタブレットを活用しよう
従業員のシフト管理にタブレットを活用しよう

従業員のシフト管理は、管理者にとって大きな問題の1つです。店舗の状況に合わせたシフトの作成や従業員それぞれの勤怠管理、それらをもとにした給与計算など、管理者がやるべき作業は多岐にわたるでしょう。
また、シフト管理のために行うタイムカードの集計も手間がかかってしまいます。このようなシフト管理の効率化を図るためには、タブレットの導入が有効です。具体的にどのような形で導入する方法があるのかを紹介します。

写真

■従業員の勤怠を一元管理できるタブレット

タブレットを導入することによって、従業員の勤怠データを一括管理することができます。そのため、個別に管理しなければならなかったデータの効率化が可能です。管理しやすくなるため、データの入力漏れやミスなどが大幅に軽減できます。タブレットでシフト管理や勤怠状況を管理するための作業は、専用のアプリをダウンロードするだけです。そのため、面倒な手続きやシステム構築は必要ありません。



■管理者の手間を大幅削減

管理者がシフト管理で特に手間を感じる場面は、従業員の希望と店舗の状況をすり合わせるシフト作成ではないでしょうか。この作業もタブレットで導入することで、従業員の希望をまとめて集計できるようになります。
従業員ごとのスキルによって配置のバランスを取りたいときにも、データをまとめることで簡単に調整ができます。なかには、人員が不足している日時をアラートで知らせる機能を搭載したアプリもあるため、シフト作成の人的ミスを未然に防ぐことが可能です。



■従業員が自らの勤怠を把握するのも容易

シフト管理アプリを導入することは、従業員にもメリットが多くあります。出退勤を打刻するときには、タッチするだけで簡単に可能です。自分のスマホやタブレットにアプリをダウンロードすれば、自分の手元で出退勤を打刻、把握することもできます。シフト希望の提出も手軽にできるため、管理者の負担を軽減する効果が期待できるでしょう。
また、管理者側で作成したシフト表を印刷や写真撮影することなく、アプリ上で確認できることもメリットの1つです。この際に、シフト希望の提出期限をアラートで知らせる機能を搭載するアプリもあります。



■給与計算システムへの連動も可能

導入するアプリによって、給与計算システムとデータを連動させることができるものがあります。これまでExcelなどで勤怠管理をしていた場合は、給与計算システムとは別にデータを入力する手間がかかっていたかもしれません。しかし、アプリで管理された情報がそのまま給与計算ソフトに反映されるため、計算と入力の手間を省くことが可能です。
また時給制の場合は、5分や10分といった細かい休憩時間を簡単に計算できるアプリもあるため、店舗ごとのルールに合わせられます。



■双方にメリットがあるタブレット導入

タブレットにシフト管理アプリを導入することで、これまでの大変だった管理作業の負担が大幅に軽減できるようになりました。アプリの導入は、管理者が他にやるべき作業時間に対しても余裕を持たせられます。
従業員にとっても自分自身のシフトや勤怠を確認しやすくなるため、店舗全体でメリットを受けられるようです。シフト管理をより効率化するには、タブレットのシフト管理アプリは心強い味方となってくれるでしょう。



PAGE TOP

HOMEに戻る