飲食店で導入するならどんな機能があるタブレットがおすすめ?

飲食店で導入するならどんな機能があるタブレットがおすすめ?
飲食店で導入するならどんな機能があるタブレットがおすすめ?

コンパクトな端末でデータの管理がしやすくなるタブレットは、飲食店でも導入するケースが増えています。タブレットの導入により、オーダーから会計までをスピーディにこなすことが可能になり、作業の効率化を図れることが可能です。
また、人件費の削減にもつながるでしょう。ここでは飲食店にタブレットを導入した際に、どのような機能とメリットを享受できるかを紹介します。

写真

■飲食店でのタブレット利用のメリット

飲食店へのタブレット導入は、POSレジやセルフオーダーシステムといった利用が可能です。今までのPOSレジは、大規模な端末を設置する必要があっため、会計カウンターのスペースを大きく取ってしまいました。しかしタブレットを導入することで、奥行きや画面の幅を省略できることができます。
また、各テーブルにセルフオーダーできるタブレットを設置することで、オーダーのごとにスタッフが向かう必要がなくなります。業務の効率化はもちろんのこと、人件費の削減も期待できるでしょう。加えて、メニューの色合いや質感などをよりリアルに再現できることもメリットです。料理の写真だけでなく、湯気や焼くときの音によって顧客の注文意欲をより掻き立てることができるようになります。



■POSレジ機能

POSレジは、あらかじめメニューやジャンル、単価を登録しておくことで、それぞれのテーブルで簡単にオーダーを管理できます。売上管理も、従来のようにExcelや管理ソフトに入力する必要がなく、リアルタイムで集計することが可能です。
ドリンクの伝票を分けて出力する機能が備わることで、オーダー時に混乱せず効率的に料理やドリンクの提供が行えます。加えてイートインやテイクアウトの区別、コースの振り分け設定機能があれば、混雑時でも管理に手間がかかりません。



■セルフオーダー機能

近年、居酒屋などではテーブルごとにタブレットを設置し、顧客自らが好きなタイミングでオーダーできるセルフオーダーシステムの導入が増えています。セルフオーダー専用のタブレットは多くの種類が販売されており、店舗ごとに画面のカスタマイズやおすすめ料理の表示といった、さまざまな機能が搭載されています。
セルフオーダー用タブレットに音声対応機能がついているのであれば、品切れの際や操作ミスが起きたときに音声で知らせることができます。
ほかにも外国人客向けに多言語に対応した機能によって、トラブルが少なくスムーズなオーダーが可能です。



■顧客管理機能

タブレットでオーダーや顧客情報を登録しておくことで、顧客の傾向や来店履歴などをまとめて管理することができます。これらのデータを参考にすることで、顧客に合わせた質の高いサービスが提供できるでしょう。
ポイントや割引といったサービスの対応も、手軽に利用できることから、顧客のリピート率向上につなげられます。こうしたサービスをタブレットで管理することで、会計の手間を減らす効果が期待できそうです。
タブレットを飲食店に導入するメリットは多くあります。また、飲食店の業務に特化している機種もさまざまです。導入を考えているのであれば、店舗の特性に合わせたシステム構築が簡単なので、ぜひ検討してみてください。



PAGE TOP

HOMEに戻る