タブレットの分析機能で店舗改善につなげる

タブレットの分析機能で店舗改善につなげる
タブレットの分析機能で店舗改善につなげる

店舗経営者は、常に顧客に満足される店舗を目指すために改善を怠ることができません。
しかし、店舗の改善点は多岐に亘り、収拾がつかなくなることもあるでしょう。そこで、タブレットの分析機能を活用した店舗改善策について紹介します。

写真

■顧客情報の収集と分析

数多くの店舗を展開している場合は、各店舗で品質を統一しながらも常に向上させる努力が必要です。顧客が求める品質も把握しておくことが大切となり、価格にも上手く反映させなければなりません。そのために役立つのが、正しい顧客情報の収集と的確な情報分析です。 顧客の購買行動を追跡すると、男女別・年齢別・用途別などの顧客属性やシーズン特性などによって店舗別の売上トレンドがわかってきます。これにより、市場分析はもちろんのこと、商品開発分析をすることも可能です。顧客情報を得てからデータに分析を加え、顧客の購買決定に影響を与えるように活用するわけです。



■タブレットのPOSレジ機能

従来の顧客情報収集には、POSレジが活用されてきました。しかし、従来型のレジは場所をとるのがネックです。これに対してタブレットは、小型でスリム、縦置きも可能なのが便利です。しかも、ハードもソフトも低コストで導入でき、高度な機能が幅広く搭載されています。各種アプリをインストールすれば、活用の可能性は無限に広がるといってもよいでしょう。顧客情報の収集も分析も、タブレットにインストールしたPOSレジアプリによっておこなえます。 顧客のニーズの移り変わりが速い現代では、今日売れた商品が来週も売れるとは限りません。今何が売れているか、これから何が売れるかを追求するには、最新の動向の多角的な分析が欠かせません。タブレットの登場は、正に究極の顧客情報分析が可能になるツールといえます。



■店舗改善に有効なデータとは

店舗改善に有効なデータは、主に4種類あります。それぞれのデータについて、見ていきましょう。

・商品別売上データ
商品がどのくらい売れたか、いくら売れたか、あるいは売れていない商品はどれかを確認することができるデータです。無駄を省きながら売上を伸ばすためには、欠かせないデータといえるでしょう。売れている商品がわかれば、仕入れの数量を決めるだけでなく、新商品の開発やサービスに活かすこともできます。売れやすい、あるいは売れてほしい商品を前面に出して陳列するにも役立ちます。

・時間帯別売上データ
時間帯によって、売れる商品と売れない商品があるものです。データにしてみると傾向が明確にわかり、売り場の陳列や商品の仕入れなどに活かせます。これにより、無駄を減らして売上を向上させることができるでしょう。顧客が多く集まる時間帯に、セールやキャンペーンをおこなうのも一つの手段です。売上のよい時間帯には、スタッフを多く配置しておく必要もあります。欠員が出て顧客の満足度を下げてしまわないように、顧客数が多い時間帯にはスタッフを充実させておきましょう。

・顧客データ
どのような客層に支持されているかは、顧客の年代や性別を登録した売上を分析することで判断できます。狙った客層に訴求できたとしても、それで満足していては売上もサービスも向上しません。むしろ、支持してくれなかった客層や予想外に支持してくれた客層の背景を探ることが、新たな売上につながるでしょう。

・オープンデータ
オープンデータは広く一般に公開されているデータのことで、市場の動向や全体的なトレンドをつかむのに便利です。積極的に活用すれば、客観的な店舗改善策を見出すのに役立ちます。



タブレットは、いつでもどこでも自由に活用しやすいのが用途の広がりにつながっています。限られたスペースの店舗でも扱いやすく、誰にでも操作が簡単なのもメリットの一つです。様々なデータを活用しながら、店舗改善のために新たな分析手法を生み出してみませんか?







>>そのほか、ビジネスでのタブレット活用方法 おすすめ記事(飲食店) 

タブレットでミスを防ぐ!導入でオーダー間違いをなくせる
タブレットの導入でお店の回転率アップを狙える!?
タブレット専用クレードルで活用の幅が広がる!
セルフ型飲食店で効果を発揮するタブレット
タブレットで注文状況をデータ管理すれば食品ロス防止に繋がる!

PAGE TOP

HOMEに戻る