インバウンド対策に有効!タブレット導入でバイリンガルスタッフや通訳に発生するコストを削減

インバウンド対策に有効!タブレット導入でバイリンガルスタッフや通訳に発生するコストを削減
インバウンド対策に有効!
タブレット導入でバイリンガルスタッフや通訳に発生するコストを削減

観光業、小売業、サービス業などにとってインバウンド観光客にどう対応するかは大きな問題です。
「バイリンガルスタッフ、通訳などを雇うための費用がない」と、お悩みならばタブレットを活用してみてはいかがでしょうか?

写真

■タブレットならば多言語対応も簡単

中国や韓国を中心としたインバウンド観光客が急増している昨今、どのお店にも外国の方が買い物に来る可能性があるといえます。 日本に何度も来ているリピーターも多く、よりマニアックな体験をしたいというニーズが高まっているそうです。 つまり、お店の規模に関わらず、どんなお店でも、いつ外国人がやって来てもおかしくはないといえます。 バイリンガルスタッフや通訳を雇っておきたいところですが、中小規模の店舗は人件費をそこまでかけられないというのが実情なのではないでしょうか。
そこでおすすめしたいのがタブレットです。タブレットが1台あれば多言語対応も簡単に実現できてしまいます。 施設案内、商品紹介はもちろん、指差し会話機能などもあるため、もう外国からのお客様にあわてることもありません。



■タブレットで外国人観光客を集客

「外国語の看板を設置したいけど、言葉がわからない」そんな悩みもタブレットならば解決できます。
タブレットからPOPやサイネージをコントロールできるようなサービスを利用すれば、いつでもいろいろな国の人に向けて広告を展開することもできるでしょう。 また、メールアドレスを登録してくれたお客様に対して、多言語による情報発信を行うこともできます。 外国語でのメルマガ発行もできますし、国際的なプロモーション活動のためにはタブレットはなくてはならないツールといえるでしょう



■タブレットでつねに最新情報を発信

また、タブレットならば商品価格、サービス内容などに変更があった場合も即座に変更することができます。
メニューの変化が多い飲食店などは、タブレットを導入する価値が大いにあるといえるでしょう。 もちろん、多言語で最新メニューを紹介することもできます。 また、タブレットを使ってセルフオーダーできるようにすれば、日本語が喋れないお客様にとってもストレスがありません。 言い間違い、聞き間違いによる注文ミスを防ぐこともできるのではないでしょうか。

■アンケート調査も楽々

インバウンド観光客のニーズをより正確に把握するには、時にはアンケート調査も必要です。
しかし、紙のアンケートで多言語に対応するのは難しいといわざるをえません。 タブレットがあれば多言語によるアンケートの作成も楽々です。それをメルマガ購読者に配信するのも良いでしょう。 集まったデータをグラフ化したり、さまざまな分析を行ったりするのにもタブレットは便利なツールです。 インバウンド観光客をますます獲得するためには、ニーズに合致した的確なサービスを実施しなくてはいけません。 タブレットを使ってまずはインバウンド観光客の消費行動をしっかりと分析するところから始めてみてはいかがでしょうか。



タブレットが1台あればさまざまなサービスを多言語で提供できます。また、さらなるサービス向上のために活用することもできるでしょう。 ぜひ、導入を検討してみてはいかがでしょうか。







>>そのほか、ビジネスでのタブレット活用方法 おすすめ記事(ホテル) 

セルフチェックインでペーパーレス!人件費削減!
タクシーを呼ぶならタブレットを経由すると便利
ホテルのタブレット導入で発生する費用はどのくらい
ホテル内の施設案内はタブレットで
最近、客室設置型タブレットを導入しているホテルが多い理由

PAGE TOP

HOMEに戻る