タクシーを呼ぶならタブレットを経由すると便利

タクシーを呼ぶならタブレットを経由すると便利/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
タクシーを呼ぶならタブレットを経由すると便利

ホテルではお客様からタクシーの配車を依頼されることも少なくありません。 これまではフロントが電話で対応していたかもしれませんが、タブレットを利用してみるというのもひとつの方法です。
タクシー配車が便利になる他、さまざまなメリットのあるホテルでのタブレット活用事例を紹介します。

写真

■タブレットならタクシー配車もスムーズ

これまで、お客様からの依頼を受けてタクシーを呼ぶというのはフロントの仕事のひとつでした。 雨の日などは電話が混み合い、フロント業務を一時中断しなければならず、他のお客様を待たせてしまうこともあったのではないでしょうか。 そこで、おすすめしたいのがタブレットの活用です。タブレットを使えば、お客様自身で配車サイトにアクセスしてタクシーを呼ぶようにすることもできるでしょう。 実際、最近ではフロント脇にお客様が自由に使えるタブレットスペースを設置しているホテルも増えています。 タブレットならば直感的に操作できるので、スタッフが使い方を説明しなければいけないこともほぼありません。
また、タブレットならば多言語への対応も簡単です。東京オリンピックに向けてインバウンド観光客の増加も見込まれている昨今ですが、タブレットがあればどんな国の人でも自分でタクシーを呼ぶことができるでしょう。



■客室に1台ずつタブレットを!

ホテルでのタブレット活用事例としては、フロント脇に専用コーナーを作るという方法もありますが、1部屋に1台配置するというのもおすすめです。 これまで、各部屋に置いてあった紙のファイルによる館内案内をタブレットにしてみてはいかがでしょうか? 紙のファイルでは館内設備を新しくした際などは切り貼りをして訂正することもめずらしくありません。 また、期間限定サービスなどはファイルにチラシをはさむような、安っぽいものになりがちでした。 年月が経つにつれて劣化も進み、お客様にとって「手にとって開いてみたい」と思えるものではなくなっているものさえあります。
しかし、タブレットならばつねに新しい情報を更新することもできます。 文字と写真だけではなく、映像や音楽も盛り込んだ魅力的な館内案内を作ることもできるでしょう。 フロントとのやりとりは自動翻訳ソフトを使用したチャットで行うこともできます。 また、照明やエアコンをコントロールするリモコンとしてタブレットを使用するのも良いでしょう。 「灯りのスイッチがどこにあるかわからない」「リモコンが見当たらない」といったお客様のお困り事を未然に防ぐことができるのです。 とにかく、タブレットならば紙のファイルとは比較にならない量の情報を盛り込むことが可能です。 館内案内だけではなく、周辺の観光情報を掲載することもできるでしょう。 観光案内、路線図、時刻表などが載っている外部サイトとリンクさせて、お客様が旅行に必要なほぼすべての情報を収集できるようにすることも可能です。
タブレットがあればどのお客様も簡単にタクシーを呼ぶことができます。
さらに、タブレットが1部屋に1台あるならば、タクシーを呼ぶだけではなく館内案内として使用することもできるでしょう。 お客様のステイをより充実させること間違いなしのタブレットなのです。







>>そのほか、ビジネスでのタブレット活用方法 おすすめ記事(ホテル) 

セルフチェックインでペーパーレス!人件費削減!
ホテルのタブレット導入で発生する費用はどのくらい
インバウンド対策に有効!タブレット導入でバイリンガルスタッフや通訳に発生するコストを削減
ホテル内の施設案内はタブレットで
最近、客室設置型タブレットを導入しているホテルが多い理由

PAGE TOP

HOMEに戻る