タブレットでミスを防ぐ!導入でオーダー間違いをなくせる

タブレットでミスを防ぐ!導入でオーダー間違いをなくせる/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
タブレットでミスを防ぐ!導入でオーダー間違いをなくせる

飲食店にとってオーダー間違いはデメリットしかありません。評判を落とすきっかけにもなりやすく、材料費の無駄遣いという点でも問題です。 もし、オーダー間違いのお悩みをお抱えならばタブレットを導入してみてはいかがでしょうか?

写真

■オーダー間違いはなぜ起こる

お客様からの注文を間違えてしまうオーダーミスですが、飲食店ではよくあるトラブルといえるでしょう。
オーダーミスが起きる原因としてはまず、スタッフがお客様の声をきちんと聞き取れていない可能性があります。 店内BGMの音量を下げるなど、聞き取りやすい環境を整えるようにしましょう。 現在でも伝票に手書きでオーダーを記入するスタイルを続けている飲食店もあるかもしれません。
しかし、手書きではどうしても書き間違いが起きるものです。 また、殴り書きの字が汚くてシェフに正確に伝わらないということもあるでしょう。 最近では専用端末を使ってオーダー取る飲食店も多いようです。
しかし、端末の画面には文字しか表示されないため、店内の照明が薄暗いと入力ミスなども起きてしまいます。 また、そもそもメニューの名前が複雑など、オーダー間違いの原因は枚挙にがないのです。



■タブレットで問題解決

以上のようにオーダーミスのリスクは至るところに転がっているといっても過言ではありません。
オーダーミスも度重なれば飲食店にとって大きな痛手となります。 できるだけオーダーミスを少なくしたいと考えるならば、タブレットを導入することをおすすめします。 タブレットを各テーブルに配置すれば、お客様自身が操作してオーダーをするというシステムを導入することもできます。 お客様がタブレットで料理の写真を見ながら注文できるようにするのです。 スタッフが介入しないので、聞き間違い、書き間違い、入力ミスなどが起きる心配もありません。 料理の名前ではなく写真から直感的に選択できるようにすれば、どんなに複雑なメニュー名をつけても問題ないでしょう。 お店の個性を出すのにも一役買ってくれそうなタブレットなのです。



■タブレットを活用するメリット

タブレットはオーダーミスを軽減させる他にも、数多くのメリットがあります。
たとえば、これまでの紙のメニューはどうしても劣化をまぬがれませんでした。 日替わりメニューや季節限定メニューなどは別途、紙をはさんだりファイルを作成したりしなくてはならず、手間がかかりました。
しかし、タブレットならば1台にすべての情報をまとめることもできますし、随時情報を更新するのも簡単です。 また、料理写真をクリックすればより詳しい情報を読めるようにするなど、これまでにないメニューの形を工夫できるでしょう。 メニューについてはもちろん、お店そのものの魅力をより効果的に発信できるのです。
さらに、お会計に関しても、お客様の注文と同時に伝票データを作成していくシステムを利用することもできます。 紙の伝票からレジに入力する際の間違いを予防するというのもメリットといえるでしょう。



* * * * *
【まとめ】
いかがでしたでしょうか。オーダー間違い対策をしっかりとしたいと考えるならば、タブレットの導入をおすすめします。 タブレットはオーダーミス軽減だけではなく、その他、数多くのメリットがあります。ぜひ、導入を検討してみませんか?







>>そのほか、ビジネスでのタブレット活用方法 おすすめ記事(飲食店) 

タブレットの導入でお店の回転率アップを狙える!?
タブレット専用クレードルで活用の幅が広がる!
タブレットの分析機能で店舗改善につなげる
セルフ型飲食店で効果を発揮するタブレット
タブレットで注文状況をデータ管理すれば食品ロス防止に繋がる!

PAGE TOP

HOMEに戻る