タブレットの導入でお店の回転率アップを狙える!?

タブレットの導入でお店の回転率アップを狙える!?/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
タブレットの導入でお店の回転率アップを狙える!?

飲食店にとっていかに回転率をアップさせるかは重要な問題です。 かといって長居できないような居心地の悪い空間にしてはかえって客足も遠のくばかりでしょう。 せめてオーダーやお会計にかかる時間を短くするためにタブレットを導入してみませんか?

写真

■オーダーはタブレットが便利!

オーダーしようとしているお客様にとって、スタッフがなかなかテーブルまで来ないのは大きなストレスとなります。 お客様の滞在時間を無駄に延ばすばかりか、お店の印象も悪くするなど、良いことはひとつもないと言えるでしょう。
しかし、少ないスタッフで切り盛りしているお店などはどうしてもお客様をお待たせする時間ができてしまいます。 「かといって増員できる余裕はない」という飲食店におすすめしたいのがタブレットです。
オーダーアプリをインストールしたタブレットをテーブルに置いておけば、お客様はいつでもスタッフを呼ばずに自分で注文することができます。 オーダーはすぐにキッチンのタブレットに反映され、シェフはすぐに調理にとりかかることができるでしょう。 つまり、お客様が注文を決めてから配膳されるまでの時間を大幅に短縮することができるのです。
しかも、タブレットならば鮮明な写真でより魅力的に料理を紹介することもできます。 日替わりメニュー、季節限定メニューなどのデータの差し替えも簡単です。 つねに魅力的なコンテンツを配信できて、紙のメニューのように劣化しないのもコストパフォーマンスに優れているといえるでしょう。



■タブレットならばお会計もスムーズ

オーダーアプリの多くはPOSレジと連動しています。そのため、お客様の注文が完了した時点でレジのタブレットにデータを送ることもできます。 紙の注文表を見ながらレジで金額を打ち込む必要がないので、打ち間違いによるミスを防ぐのはもちろんのこと、お会計にかかる時間を格段に短くできるでしょう。
また、お客様一人一人のデータをレジのタブレットからクラウドに蓄積して、どこからでも見られるようにすることも可能です。 いくつか支点がある場合には、すべての店舗の売り上げをまとめて管理するのにも便利でしょう。 データを分析して、どれが人気のメニューなのか、混雑する時間帯はいつ頃なのかなどを把握することも可能です。 混みがちなタイムゾーンがわかれば、そこだけピンポイント的に厨房スタッフを増やし 「注文が立て込んで、なかなか料理が作れない」といったことを防止することもできます。
お客様の待ち時間を減らすとともに、結果として回転率をアップさせることができるでしょう。



■的確なサービス提供に役立つ

的確なサービスを提供する必要がありますが、それにはまずお客様のニーズを正しく把握しなければいけません。 タブレットを導入すれば、注文やお会計の際に顧客データを収集して分析を行い、メニューやサービスの向上のために役立てることができるのも魅力といえるでしょう。
飲食店でタブレットを導入すればオーダーやお会計がスムーズになり、お客様一人あたりの滞在時間を減らすことができます。
結果として回転率もアップし売り上げ向上となるでしょう。 顧客データの収集と分析に基づくサービス改善にも役立つタブレット、ぜひ導入をおすすめします。







>>そのほか、ビジネスでのタブレット活用方法 おすすめ記事(飲食店) 

タブレットでミスを防ぐ!導入でオーダー間違いをなくせる
タブレット専用クレードルで活用の幅が広がる!
タブレットの分析機能で店舗改善につなげる
セルフ型飲食店で効果を発揮するタブレット
タブレットで注文状況をデータ管理すれば食品ロス防止に繋がる!

PAGE TOP

HOMEに戻る