複数店舗があってもスグに売り上げ確認できる

複数店舗があってもスグに売り上げ確認できる/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
複数店舗があってもスグに売り上げ確認できる

飲食店も複数店舗を経営するようになると、経理上の問題もいろいろと発生しがちです。 各店舗の売り上げを後で合算するという手法では手間もかかりますしミスも起きがちでしょう。
そこでおすすめしたいのがタブレットの活用です。タブレットでスムーズに複数店舗の売り上げを管理する方法を紹介しましょう。

写真

■2号店を成功させるコツ

1号店の売り上げが順調に伸び「そろそろ2号店を」というコースに乗るのは多くの飲食店経営者の夢です。
しかし、単純に支店を増やせば良いというものでもありません。複数店舗の管理は難しく、撤退を余儀なくされることも多いものです。 複数店舗の経営を成功させるカギは売り上げ管理にあるといっても過言ではありません。 各店舗の状況を逐一把握しつつ、適切な判断を下す力が求められます。
そこで活用したいのがタブレットPOSレジなのです。



■タブレットPOSレジとは?

タブレットPOSレジとは、タブレットにPOSレジ機能を備えたアプリをインストールしたレジのことです。 POSレジでは会計の際に瞬時に販売情報をWi-Fiなどを通じてデータベースに蓄積するようになっています。
お客様とのやりとりをリアルタイムで記録し、なおかつ情報を分析することで経営戦略に役立てることもできる大変便利なものなのです。 従来のPOSレジは導入コストがかかりましたが、タブレットPOSレジはより手軽に利用することができます。 複数店舗にタブレットPOSレジを設置しても大きな負担にはなりません。それどころか、メリットの方がはるかに大きいといえるでしょう。


■タブレットPOSレジ導入のメリット

タブレットPOSレジを使えば、複数店舗の売り上げをスグに確認することができます。
立地条件による売れ筋メニューの違いなども一目瞭然なので、それぞれの店舗にふさわしい経営戦略を立てることもできるでしょう。

また「大きな店をひとつ構えるよりも、小さくても複数店舗を経営したい」と 考えている飲食店経営者にとっても、タブレットPOSレジは心強い味方です。 タブレットを使えばレジの設置場所の必要もありません。
タブレットならばお店の雰囲気を壊す心配もないので、こだわりのカフェなどにもおすすめです。

さらに、タブレットは日常的にスマホを使用している人ならば、直感的に使いこなすことができます。 難しいレジの使い方をレクチャーする必要もなく、人件費の節約にもつながるでしょう。 POSレジ機能だけではなく、勤怠管理機能がついたアプリなどもあり、リーズナブルな割には従来のPOSレジ以上の多様な機能も期待できます。

タブレットPOSレジでは各店舗のデータはクラウド上に保管され、どこからでもアクセスできるのも魅力です。
POSレジアプリを選択する際にセキュリティ面に配慮しているものを選択すれば、情報漏えい等の心配もありません。 万が一、消費税率の変更があったとしても、アプリならば追加機能をダウンロードすることで対応できます。
末永く活用してみてはいかがでしょうか。

複数店舗の経営を軌道に乗せるには、これまで以上にシビアにコストカットを行い、きめ細やかな経営戦略を立てるようにしなければいけません。 そんな時、タブレットPOSレジは大いに役立つことでしょう。
ぜひ、導入を検討することをおすすめします。



PAGE TOP

HOMEに戻る