チェックイン時の手続きはペンタブレット

チェックイン時の手続きはペンタブレット/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
チェックイン時の手続きはペンタブレット

フロント業務のなかでもチェックイン時の手続きは非常に重要なもののひとつです。
とくに初めての利用客にとっては、ホテルの印象を決めてしまう瞬間といっても過言ではありません。
スマートなチェックインのために、ペンタブレットを活用する方法を紹介しましょう。

写真

■ペンタブレットでチェックインをスムーズに!

疲れてやっとたどり着いたホテルでチェックインの際に名前、住所、年齢……などと記入用紙に書き込まなくてはいけないのは、ゲストにとってもあまり心地の良いものではありません。ましてカウンターが混み合っている時などは「早く休みたいのに」と、ホテルの印象も悪くなってしまうでしょう。
一方、ペンタブレットを活用すれば、名前を入力するだけでチェックインを済ませることもできます。 スピーディーなチェックインはゲストにストレスを感じさせることもなく、ホテルへの高評価につながるのは間違いありません。
しかし、一体なぜこのようなことが可能なのでしょうか。



■電子台帳と直結

電子台帳を利用すれば、電子サインで記された名前に該当する顧客データを呼び出すのも瞬時にできます。 そのため、ゲストは到着時にペンタブレットで自分の名前を記入するだけでチェックインが完了してしまうのです。
予約時に個人情報を登録しておけば、カウンターで再度記入する必要はありません。


■紙の台帳のデメリットをカバー

このように電子台帳を活用することは、スタッフの負担を大幅に軽減します。 電子台帳は紙の台帳のように保管スペースを必要としないばかりか、必要な情報をいつでもすぐに取り出すことができるのです。
チェックイン業務だけでも「顧客情報の再入力作業などが必要なくなったので、スタッフの数を少なくすることができた」というように、 人件費削減に役立てているホテルもあります。


■リピーター獲得にも効果的

ペンタブレットと電子台帳を活用することは、単にフロント業務を簡略化できるだけにとどまりません。
過去の宿泊者情報を遡り、それぞれのお客様に最適なサービスを提供することもできるのです。 お客様によって好みの部屋、食事、遅めのチェックアウトなど滞在に関する要望はさまざまです。 電子台帳にはそういったちょっとした嗜好を書き込んでおくこともできます。
したがって、予約を受けた時に「前回は海側の部屋をご希望でしたが、今回も同じようにいたしますか?」といった案内もできるのです。 自分の好みをいちいち説明しなくていいというのはゲストにとっても心地良い環境といえるでしょう。
このようなサービスを提供することはリピーターの獲得にも直結します。 リピーターを増やしたいと考えているホテルはぜひペンタブレットと電子台帳を導入してみてはいかがでしょうか。





* * * * *
【まとめ】
いかがでしたでしょうか。最近、カード決済でペンタブレットによる電子サインシステムを採用している小売店が増えていますが、実はホテルのチェックイン業務でも活用できるのです。電子台帳と組み合わせることによって、よりきめ細やかなサービスを提供することもできるようになるでしょう。リピーターを増やしたいと考えているホテルにはとくにおすすめです。
フロントはもちろん、各客室にもタブレットを設置して、さまざまな情報提供をしてみてはいかがですか。

PAGE TOP

HOMEに戻る