業務の進捗をタブレットを通してリアルタイムで見れる

業務の進捗をタブレットを通してリアルタイムで見れる/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
業務の進捗をタブレットを通してリアルタイムで見れる

工場ではそれぞれの生産工程がどのような状況にあるのか、情報を共有することが非常に重要です。
そうすることで生産性をより向上できるからに他なりません。
とはいっても、各部署の進捗情報をリアルアイムで把握するのはなかなか難しいものです。
タブレットを活用して、スムーズな進捗管理を実現してみませんか?

写真

■タブレットによる進捗管理とは

工場にはさまざまな生産工程があり、もしひとつの部署で遅れが生じれば当然のことながら次の工程を受け持つ部署にも影響があります。 各部署で連携して進捗情報を共有することは非常に大事ですが、十分に行われていないことにお悩みの工場も多いかもしれません。

そこで活用をおすすめしたいのがタブレットです。 スタッフ全員もしくは各部署に1台タブレットを配布して、誰でも工場内すべての部署の進捗情報をチェックできるようにしてみてはいかがでしょうか。

管理者以外が進捗情報をチェックする必要があるのかと思う人もいるかもしれません。
しかし、現場で生産工程に携わっている人ほど遅れ等の情報を必要としているのも事実です。
タブレットならば比較的安価なので、できればスタッフ全員に配布してみてはいかがでしょうか。


■タブレットによる進捗管理のメリット

タブレットで業務の進捗管理を行うことには数多くのメリットがあります。

【各スタッフがダイレクトに情報共有できる】
情報というのは人づてに伝わっていくうちに変容してしまうことが少なくありません。
しかし、タブレットを利用すれば各スタッフが進捗情報にダイレクトにアクセスできます。
伝言ゲームの間違った情報に左右される心配を軽減できるのです。

【リアルタイムの進捗情報を入手できる】
進捗情報は「いつのものなのか」というのが非常に重要です。
少し前の状況を最新情報と誤解すると、どんな弊害が起きてもおかしくありません。
しかし、タブレットならばつねにリアルタイムの進捗情報を入手できるので安心です。

【問題にも素早く対応可能】
何か問題が起きた時にも、各部署が連携して素早く対応することができます。 各部署がタブレットでリアルタイムの進捗情報を把握していれば「まずは情報をすり合わせるところから」といった始める必要もなく、迅速に問題解決に動けるのです。

【ハンズフリーで使用できる】
タブレットは専用ストラップを使用して首から下げて使うことができます。
工場内のどのような作業中でも、気になった時に最新情報をいつでも閲覧できるというわけです。
さらに、防水・防塵タイプのカバーなどもあるので、過酷な環境の工場でも問題なく使うことができるのではないでしょうか。

【工場内SNSと連動できる】
タブレットを使えば進捗管理だけではなく、工場内SNSを閲覧するのも楽々です。
スタッフ同士のコミュニケーションを強化することも時には大切といえます。





* * * * *
【まとめ】
タブレットを使えば工場内のすべての生産工程の進捗状況を、全スタッフがリアルタイムで共有することももちろん十分可能です。 そのように各部署の進捗情報を見える化して、工場内の誰もがアクセスできるようにすれば、さらに生産性をアップさせることも夢ではありません。 ぜひタブレットを工場に導入してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP

HOMEに戻る