タブレットを活用すれば情報配信が素早くできる

タブレットを活用すれば情報配信が素早くできる/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
タブレットを活用すれば情報配信が素早くできる

ホテルの客室などに置かれる館内案内ですが、古びた紙のものなどの場合、お客様に良くない印象を与えてしまうことも多いです。 刷新するのはコストもかかりますし「どうせまたいつか古くなる」と考えると積極的になれないのも仕方のないかもしれません。 タブレットを用いた館内案内であれば、手軽に導入する事ができ、さまざまな応用も可能です。この機会にタブレット端末を採用してみませんか?

写真

■タブレットによる館内案内で素早い情報発信

もちろん、すべての客室にタブレットを置くにはそれなりにコストもかかります。
しかし、タブレットの低価格化が著しい今こそ買い時ともいえるでしょう。さらに、以下のようなメリットも十分期待できます。

【多言語に対応】
東京オリンピックに向けて今後、外国人観光客が増加すると予想されています。
ホテルでも多言語での情報発信がますます必要とされるはずですが、各言語に対応できるスタッフを配置するには相当な人件費がかかることでしょう。 タブレットならば、多言語での情報発信も簡単です。さらに、タブレットの自動翻訳機能を使ってお客様とフロントがやりとりすることもできます。
フロントに語学堪能なスタッフを配置することが難しいという少人数経営のホテルにもおすすめです。

【周辺の観光情報も充実】
タブレットならば紙のパンフレットのように掲載する情報量に際限がありません。
たとえば、観光案内所、鉄道、バス、タクシーなどのサイトとリンクさせて、周辺の観光情報を詳細に伝えることもできます。
更新も簡単なので、季節ごとの見どころを案内することもできるでしょう。 観光施設のお得なクーポンのQRコードをお客様がスマホに取り込めるようにするなど、いろいろな工夫をすることが可能です。

【アンケートの利用率をアップ】
紙のアンケートを客室に置いておいても、答えてくれるお客様はそう多くはありません。
しかし、タブレットならばゲーム感覚で楽しめるアンケートを提供することもできます。 アンケート回答率が上がれば改善すべきポイントも見つかりやすくなり、今後のホテル経営に大いに役立てることができるのではないでしょうか。



* * * * *
【まとめ】
ホテルの客室にタブレット端末が置いてあれば、テレビをつける感覚で取りあえず触ってみるというお客様は少なくありません。 つまり、紙の館内案内パンフレットよりも数倍、お客様の目に触れるチャンスがあるというわけです。
タブレット端末は素早く情報発信できるツールであるという特性を最大限に活かして、お客様によろこばれるサービスを提供してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP

HOMEに戻る