タブレットで空席・座席の管理

タブレットで空席・座席の管理/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
タブレットで空席・座席の管理

ダブルブッキングは飲食店の信頼を大きく落とすものでもあり、何としてでも回避したいところです。
そんなダブルブッキングを防ぐために、たとえばタブレットを活用してみるというのはいかがでしょうか?
タブレットで飲食店用ソフトを活用して、電話予約のときからお客様の心に残るおもてなしをしてみませんか?

写真

■タブレットならば空席・座席の管理に間違いなし

これまで飲食店の多くは専用ノートなどで予約管理を行っていることがほとんどでした。
しかし、電話で予約を受けてメモをとるという昔ながらのやり方では、どうしてもミスが発生する可能性があります。
空席がないのに予約を入れてしまったり、座席数を間違えたりなど、飲食店の信頼にもかかわる事態が発生しないとも限りません。 まして、日程や人数の変更が何度もあった場合は、書き直しをしているうちに見間違いを起こしやすい状態になってしまいます。

しかし、タブレットで飲食店用ソフトを活用すれば、空席・座席をよりしっかりと行うことができますし、何度訂正があってもきれいに入力することが可能です。座席表を画面に表示して予約が入ったらすぐにタップし、色が変わるように設定しておけば、誰が見てもわかりやすく管理することができるでしょう。
スタッフが交代したことによるとり違いなどの発生リスクを抑えることもできます。


■予約時から心をつかむ接客

このようにタブレットを使えば空席・座席の管理が簡単なのはもちろん、予約をしたお客様がこれまでに来店履歴があるのかどうかをすぐに把握できます。電話予約を受けている途中で「この前も来店してくれたお客様だった」と、気が付くというのは飲食店でよくあることです。
しかし、タブレットなら電話の受信履歴から顧客データを呼び出すこともできるので、あらためて必要な情報を聞き出す失礼をしてしまう心配もありません。

また、好みの座席があるお客様もいらっしゃいます。
タブレットならば、以前はどこに座ったのかを記録しておくこともできます。 「前回と同じ、お庭の見える席でよろしいでしょうか」等、予約のときからお客様の心をつかむ接客に役立てることもできるでしょう。 リピーターを増やしたい飲食店などにはうってつけと言えます。


■サプライズを提供することもできる

タブレットに記録しておけるのは、お客様の好みの席だけではありません。
お気に入りのメニュー、アレルギーなどを管理しておけば、的確なリコメンドができるでしょう。
また、誕生日が近いお客様にサプライズでケーキをプレゼントするといった企画を実行することもできます。
マニュアル通りではないワンランク上の接客をしたいと考えている飲食店にぜひ活用をおすすめしたいタブレットなのです。



* * * * *
【まとめ】
タブレットを活用すれば空席や座席の管理はよりスムーズになり、万が一のダブルブッキング等を未然に防ぐことができます。 お客様も電話だけではなく、営業時間外にオンライン予約することもできるので、より利用しやすくなるともいえるでしょう。 少ないスタッフで上質のサービスを提供したい飲食店ならばタブレットを導入して損はありません。
便利な飲食店用ソフトも各種そろっているので、検討の価値は十分にあるでしょう。

PAGE TOP

HOMEに戻る