設備点検はタブレットでチェック

設備点検はタブレットでチェック/オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
設備点検はタブレットでチェック。

工場の生産性と安全を維持するために設備点検は欠かせません。
定期的に行わなくてはいけないため、できるだけコストを削減したい工場も少なくないでしょう。
そのようなときにおすすめしたいのがタブレットの活用です。
タブレットによる工場の設備点検とはどのようなものなのか説明します。

写真

■設備点検とは?

どんな工場でも何かしらの機械を設置していますが、経年劣化に伴い故障などが起きやすくなります。
しかし、もし機械が故障すれば生産がストップしてしまい、工場の信用を著しく落とすことにもなりかねません。
そこで、未然に故障を防ぐための設備点検が重要になるのです。

設備点検とは、工場の機械を安全に動かすための点検と修理を行うことです。
機械の故障を防止するのはもちろんのこと、少しでも停止時間を短くして寿命を長くするのを目的にしています。
もし、故障している部分が見つかったら、できるだけ早く修理することが大事です。
また、故障の原因を正しく突き止め、再発防止にも努めなければいけません。 そのため、保全部門と生産部門との密な意思疎通が必要になりますが、必ずしも上手くいくとは限らないのが設備点検の難しいところです。


■タブレットを使用した設備点検

保全部門、生産部門をはじめとしたすべてのスタッフで情報を共有しながら設備点検をするには、たとえばタブレットを活用するのもひとつの賢い選択です。タブレットを使用した設備点検とはどのようなものなのでしょうか。

【点検作業におけるタブレット活用】
タブレットはストラップで首から提げることができるため、点検スタッフは両手で作業できるというのは大きなメリットです。
場所をとらないので機械と機械の間をすり抜けて行くような環境下でも使用することができます。

タブレットならば点検結果をすぐに入力することも可能です。
点検中におかしいと思った部分をタブレットで過去データを閲覧しながらチェックすることもできます。
また、点検作業そのものをマニュアル化しておけば、まだ経験の浅いスタッフでもタブレットで参照しながら質の高い点検を行うことができるでしょう。

【管理者のタブレット活用】
点検スタッフが集めたデータはタブレットを通じてすぐに管理者に送信されます。
管理者もまたタブレットによってデータをすぐに検証すれば、正しい指示をスピーディーに出せる可能性が高まります。
情報を共有することで生産現場の状況を正しく把握して、ヒヤリハット案件はないかどうか厳重にチェックして、正しい保全管理ができるようになるのです。



* * * * *
【まとめ】
以上のようにタブレットは工場の保全管理に非常に役立つアイテムです。
ただし、保全管理にかかわるスタッフの数は多いので、まんべんなく情報共有できるように注意しなければいけません。
たとえば、少なくとも工場内ではインターネットに接続できる環境をつねに維持したいところです。
逆にいえば、Wi-Fi環境とタブレットさえあればかなり高度な設備管理も実現できるというわけです。
これまでの設備管理はコストや時間がかかり過ぎると満足していないならば、ぜひタブレットを活用してみることをおすすめします。 工場の生産ラインでは何か問題が起きてから手を打つのでは遅すぎます。
タブレットによる設備管理で、しっかりと予防してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP

HOMEに戻る